吉本印天然

16 の用例 (0.00 秒)
  • この時期に人気を博していた吉本印天然素材にも、テーマ曲のように使用されていた。
  • 番組初期に作成されたジングルにはナインティナインの二人が高校時代に所属していたサッカー部での伝統の「した」と呼ばれる部活の終了の挨拶をつかった物や、吉本印天然素材のネタで使われていた物などもあり、現在でもたまに使用されている。
  • 第3回以降はガキメンバー5人によるチームと元吉本印天然素材チームによる対戦が行われた。
  • ワチャチャ芸人のみだったが、番組の後半ではフルーツ大統領や東京から撤退した元吉本印天然素材のメンバーも登場した。。
  • 吉本印天然素材の弟分として数組のお笑い芸人によって1995年に結成される。
  • 同期のナインティナイン・チュパチャップスなどと共に吉本印天然素材として東京でも活動していた。
  • スタート当初は、当時吉本印天然素材を抜け、単独で活動を開始したばかりのナインティナインをメインMCに、毎日東京・銀座7丁目の吉本興業が運営していた銀座7丁目劇場から公開生放送をしていた。
  • 吉本印天然素材解散後、大阪に戻り、ライブは小規模なライブハウスから始まったが、年々ライブの規模は大きくなっている。
  • の振付を行っている夏まゆみが招かれたが、岡村と夏の間には吉本印天然素材で共演した時の確執があり、まずはこの確執を解消することから始めなければならなかった。
  • かつてナインティナインが所属・出演していた番組『吉本印天然素材』の後番組として、1994年4月10日にスタートしたナインティナインの冠番組である。
  • 天野はデビュー当時、自分が「芸人」ということにこだわりがあり、アイドルのようにキャーキャー言われる吉本印天然素材メンバーやよゐこが嫌いだった。
  • 出演中心人物は、全員吉本印天然素材のメンバー。
  • これが後に、ナインティナインや雨上がり決死隊など、テレビ界を席巻する人気者達のいた集団「吉本印天然素材」へと発展するのだが、ダンスがメインのアイドル芸人グループとして売り出し始めた事務所の方針に異議を唱えた結果、ぜんじろうは、天素のメンバーから外された。
  • 宮迫もゲスト扱いとして雛壇の2人がけソファーに座り、吉本印天然素材以来の宮川との思い出を語った。
  • 同年より同期のナインティナイン等と共に、お笑いユニット「吉本印天然素材」に参加する。
  • また、芸人登場時の出囃子は『おれたちひょうきん族』レギュラーは『ウィリアム・テル序曲』、『吉本印天然素材』出身芸人は『No Limit』、さまぁ~ずはTUBEの『SUMMER CITY』を使用している。