吉本の演芸

5 の用例 (0.00 秒)
  • 他にも何人かの人気者が出現し、吉本の演芸部門は急上昇のきざしを見せた。 難波利三『小説吉本興業』より引用
  • 吉本の演芸部門で、目下、第一線で活躍しているのは、この二人であった。 難波利三『小説吉本興業』より引用
  • 以降の経緯は、既述の通りであるが、吉本の演芸再進出は1959年であり、このとき既に松竹は道頓堀角座で演芸興行を本格的に行っていた。
  • 客席数は500席で、吉本の演芸場の中ではなんばグランド花月に次ぐ2番目の大きさの中規模演芸場として位置づけられており、年間で30万人の集客を目標としていた。
  • 吉本の演芸は解散せなしゃあない。 難波利三『小説吉本興業』より引用