吉本

全て 名詞
2,102 の用例 (0.02 秒)
  • 明治末に創業した吉本が東京・横浜へ進出したのは早く、大正末である。
  • 吉本の電話を切ってから、彼の最後の言葉がじわじわと気になってきた。 森村誠一『夢の原色』より引用
  • 出演者はお馴染みの吉本新喜劇のメンバーと他の出演者が出演している。
  • 春団治が吉本へ入ったのは、それより十年ほど前の大正十年のことである。 難波利三『小説吉本興業』より引用
  • 何事もなかったかのように、吉本裁判長が元の事務的な声に戻って言った。 深谷忠記『房総・武蔵野殺人ライン』より引用
  • 茶色の作業服はそう言って、吉本の手を引いて群衆の中へ入っていった。 佐左木俊郎『街頭の偽映鏡』より引用
  • あなたと吉本さんは互いの部屋の鍵を交換し合うような深い仲だった。 東川篤哉『謎解きはディナーのあとで』より引用
  • 自分の話のどこに、吉本瞳の忘れものを示唆した部分があっただろうか。 東川篤哉『謎解きはディナーのあとで』より引用
  • 吉本はひとり騒ぎ立て、ついには新聞社へ連絡するとまで言いはじめた。 筒井康隆『(「七瀬」三部作 3) エディプスの恋人』より引用
  • しかし吉本君のリンチ事件が示すようになかなかその判断は容易ではない。 倉田百三『光り合ういのち』より引用
  • 吉本も圓馬の無理は一も二も三も聞いていなければならなかった時代だった。 正岡容『わが寄席青春録』より引用
  • しかし私達は、吉本のタレントのバカ話を本当に望んでいるのだろうか。 佐野洋子『神も仏もありませぬ』より引用
  • そういう犠牲を礎にして、昭和十三年、吉本はついに株式会社になった。 難波利三『小説吉本興業』より引用
  • そこのところの巧みな扱い方が、吉本には伝統的に根付いているらしい。 難波利三『小説吉本興業』より引用
  • と思うこともあるが、実のところ、根は好きなのである、吉本新喜劇が。 柴門ふみ『男性論』より引用
  • 東宝の月給は四百円、それに対して吉本は三倍以上の千三百円を払った。 難波利三『小説吉本興業』より引用
  • 吉本興業所属でありながらあまり吉本の主要劇場には上がっていない。
  • 左右の陪席判事と交互に相談していた吉本裁判長が、正面に顔を戻した。 深谷忠記『房総・武蔵野殺人ライン』より引用
  • 関係のある本が次々と出版されたりして、「吉本ブーム」の感さえする。 難波利三『小説吉本興業』より引用
  • 吉本裁判長が広一郎に向かって言うと、二人の判事を従えて出て行った。 深谷忠記『房総・武蔵野殺人ライン』より引用
  • 次へ »

吉本 で始まる単語