吉岡

全て 名詞
2,467 の用例 (0.02 秒)
  • 来るか来るかと思っていた吉岡方の者の影は、野のどこにも見当らない。 吉川英治『宮本武蔵』より引用
  • ケイコちゃんにいっても吉岡君にいっても誰一人止める人はいなかった。 群ようこ『別人「群ようこ」のできるまで』より引用
  • この二人のうち一人は私の父ぐらいの年輩で、吉岡某という者であった。 内藤鳴雪『鳴雪自叙伝』より引用
  • しかし、吉岡は、結城がそのような声を出したときの気持を知っていた。 松本清張『波の塔(下)』より引用
  • それを見て、あんたの相手が吉岡って奴なんだってすぐにわかったわ。 松野秋鳴『えむえむっ! 第01巻』より引用
  • 吉岡や谷崎はあんたにいつ口を割られるかと生きた心地がしないだろう。 森村誠一『棟居刑事の推理』より引用
  • この説を取るならば武蔵戦・猿楽興行事件以降も吉岡家は存続している。
  • あんたの口に吉岡と谷崎の運命と三矢組跡目の行方がかかっているんだ。 森村誠一『棟居刑事の推理』より引用
  • 食事のたびごとに私は吉岡のこと、昨夜の浮気のことを思い出すだろう。 石川達三『充たされた生活』より引用
  • そして私と吉岡との結婚は文学的で、離婚は生活的だったような気がする。 石川達三『充たされた生活』より引用
  • 吉岡はなにが起こったのかわからない様子で、驚愕の目を俺に向けていた。 松野秋鳴『えむえむっ! 第01巻』より引用
  • 雑誌が巧く行ったにしても、吉岡は資本主と喧嘩けんかをしてしまうだろう。 石川達三『充たされた生活』より引用
  • この染物屋がどうしてまた吉岡流とも呼ばれる剣法の創始者となったか。 山田風太郎『忍法剣士伝』より引用
  • 午前中に銀行へ行き、五十万をひき出してから、吉岡に電話をかけた。 平岩弓枝『女の四季』より引用
  • そこからどの位時間が経ったのか、二度目にまた吉岡の顔が見えた。 宮本百合子『風知草』より引用
  • 小川はため息をつき、近くにいたウェイターに吉岡を呼ぶよう指示した。 東野圭吾『幻夜』より引用
  • 吉岡は浮気ものであったが、どこの誰とのあいだにも子供はなかった。 石川達三『充たされた生活』より引用
  • その結果に責任を感じた吉岡は自殺まで考え、ノイローゼ寸前になった。
  • 吉岡は一度だって私にあんな物を買って来てくれはしなかった。 石川達三『充たされた生活』より引用
  • 吉岡は私の方をちらと見やって答えたまま、画帳には手も触れなかった。 豊島与志雄『好意』より引用
  • 次へ »

吉岡 で始まる単語