吉和屋彌右衛門

17 の例文 (0.00 秒)
  • 山中頼興の長男、母は不詳、前名は好介または孝助、通称は吉和屋彌右衛門と称した。 ...
  • 山中常久の長男、母は不詳、前名は新兵衛といい、通称は草津吉和屋彌右衛門と称した。 ...
  • 前名を才左衛門といい、通称は草津吉和屋彌右衛門と称した。 ...
  • 藤屋市兵衛の次男、母は不詳、前名を頼貞という、通称は吉和屋彌右衛門と称した。 ...
  • 享保12年5月23日に父である山中常諦が没したために家督を相続し吉和屋彌右衛門と称した。 ...
  • 寛政3年12月6日に父である山中常耀が没したために家督を相続し吉和屋彌右衛門と称して、事業を継承し塩浜経営に専念した。 ...
  • 天明元年12月18日に父である山中頼興が没したために家督を相続し吉和屋彌右衛門と称して、塩浜経営に専念した。 ...
  • 山中常諦の長男、母は不詳、または山中宗有、山中信譽とも称した、通称は吉和屋彌右衛門と称した。 ...
  • 常夢以降の歴代の吉和屋の当主は吉和屋彌右衛門の通称を継承し塩浜経営を行ったが、江戸後期に入ると塩田不況により、有力な浜主も塩浜をやむなく手放さざるを得なくなり、海老塩浜の塩浜も衰退していき、天保年間には吉和屋は塩田不況の影響により塩浜経営に失敗し、多額の借金を背負った為に没落への道を辿る事になった。 ...
  • 常有以降の歴代の吉和屋の当主は吉和屋彌右衛門の通称を継承し塩浜経営を行ったが、江戸後期に入ると塩田不況により、有力な浜主も塩浜をやむなく手放さざるを得なくなり、海老塩浜の塩浜も衰退していき、天保年間には吉和屋は塩田不況の影響により塩浜経営に失敗し、多額の借金を背負った為に没落への道を辿る事になった。 ...
  • 通称は草津吉和屋彌右衛門と称した。 ...
  • 寛文6年8月、父の山中常久が隠居した為、家督を相続する事となり、草津吉和屋彌右衛門を称し酒造業を継承した。 ...
  • 山中常夢の長男、母は不詳、または山中義明ともいい、通称は吉和屋彌右衛門と称した。 ...
  • 元禄14年2月に山中常夢が没した為、家督を相続する事となり、吉和屋彌右衛門を称し塩浜経営を継承し有力な浜主となり、五日市海老塩浜の庄屋などの役職を務めた。 ...
  • 山中常夢の時まで、通称を草津吉和屋彌右衛門と称していたが、山中常夢が貞享4年に草津村から五日市海老塩浜へ居を構えた事により、常夢以降の歴代の山中家の当主は吉和屋彌右衛門の通称を継承し、五日市海老塩浜の庄屋などの役職を務め、塩田を開発し塩浜経営に専念した。 ...
  • 父である山中常祐が明暦3年6月に没した為、長男の山中常久が家督を相続し酒造業を引き継ぎ草津吉和屋彌右衛門と称した。 ...