吉原遊郭

52 の用例 (0.00 秒)
  • 江戸 吉原遊郭では太夫が消滅した宝暦以降は高級遊女を花魁といった。
  • また、吉原遊郭が日本橋付近から浅草付近へと移転したのもこの時期である。
  • 歴史上の人物を題材にした作品や、吉原遊郭の遊女の恋愛をテーマにした作品が多い。
  • 遊郭の構造は江戸の吉原遊郭を、外国人の接客は長崎の丸山遊郭を手本にした。
  • 江戸期の吉原遊郭と、現代の吉原のソープランド街が違うように。
  • 一時遊郭が置かれたことから、吉原遊郭をさす場合もあった。
  • 旗本奴のみならず、町奴も使用し、同時代の吉原遊郭での廓詞にも影響を与えた。
  • この頃、吉原遊郭から脱出した花魁の森光子が宮崎家に駆け込んで助けを求めている。
  • 東京、新吉原遊郭近くの浄閑寺が投げ込み寺であったことが知られているが、その他にも次のように各地の宿場に同様の寺院があった。
  • 江戸市中の河川で使われたが、浅草山谷にあった吉原遊郭に通う遊客がよく使ったため山谷舟とも呼ばれた。
  • 三の酉まである年は火事が多いとか、吉原遊郭に異変があるなどの俗信も生まれた。 興津要『江戸小咄春夏秋冬冬の一』より引用
  • 妖怪研究家・多田克己はこれを、江戸時代の吉原遊郭を風刺した創作と指摘している。
  • 江戸時代の吉原遊郭を風刺した創作との説もある。
  • 南・西・北にも都市化の波は及び、外延部の上野、浅草が盛り場として発展、さらに外側には新吉原遊郭が置かれていた。
  • 後に、町の一部を江戸の吉原遊郭に移したので、残った町がいわゆる「二丁町」と呼ばれ、全国に知られた静岡の歓楽街になったのである。
  • 雨にまつわる妖怪といった記述は見られず、石燕の雨女は江戸時代の吉原遊郭を風刺した創作画と指摘されている。
  • 十代の折に吉原遊郭よしわらゆうかくに売られて遊女をしていたが、梅毒におかされ重症患者として入院していた。 吉村昭『事物はじまりの物語』より引用
  • また、離婚したいがために虚偽の証言をした女には、元将軍側室への不敬罪と見なされて、吉原遊郭への下げ渡しという厳しい罰が待っている。
  • 明治時代、吉原遊郭から北海道に連れてこられた花魁が、人生を悲観して当時の薄野遊郭を飛び出した。
  • 明治初期から政府の意向で市街地の外れの街道入口に木賃宿街が形成され吉原遊郭の客を送迎する車夫等、戦前より既に多くの貧困層や労働者が居住していたが戦後になると東京都によって被災者のための仮の宿泊施設が用意され、これらが本建築の簡易宿泊施設へと変わっていった。
  • 次へ »

吉原遊郭 の使われ方