吉原の遊女

70 の用例 (0.00 秒)
  • 五番めに、吉原の遊女にふんして番町の南条外記を奉行所へおくりこんだ。 山田風太郎『おんな牢秘抄』より引用
  • 今戸の屋敷は吉原の遊女屋の寮で、男は女衒ぜげんをなりわいにしていたのだ。 宇江佐真理『髪結い伊三次捕物余話 幻の声』より引用
  • 幕末ごろ、吉原の遊女が結ったものが一般に結われるようになったもの。
  • 吉原の遊女屋や引手茶屋で花むら屋という屋号をきいたことがなかった。 南原幹雄『付き馬屋おえん吉原御法度』より引用
  • 吉原の遊女でさえ、髪を洗うのは月に一度と決められている。 宇江佐真理『髪結い伊三次捕物余話 さらば深川』より引用
  • 吉原の遊女が総見そうけんにくるというのも彼なればこそであろう。 山田風太郎『自来也忍法帖』より引用
  • こんなことを云いながら、その吉原の遊女屋へ、自身根気よく通うのであった。 国枝史郎『三甚内』より引用
  • 吉原の遊女の見識も昔のようではなくなっているものの、まだ初会で女の部屋へ通るわけには行かない。 平岩弓枝『御宿かわせみ 04 山茶花(さざんか)は見た』より引用
  • 天保9年7月3日、喜三郎は吉原の遊女花鳥他5名を伴に島を脱出する。
  • その中には、数年まえ世をはかなんで首吊りをして死んでしまった紅梅という吉原の遊女がいたこともわかった。 南原幹雄『付き馬屋おえん暗闇始末』より引用
  • 三千というのは吉原の遊女の数である。 阿刀田高『江戸禁断らいぶらりい』より引用
  • 吉原の遊女たちを主人公に据え、しかも一般は滅多に知ることのできない昼の暮らしぶりを克明に描いたものだ。 高橋克彦『だましゑ歌麿』より引用
  • 以前、吉原の遊女屋が手癖のわるい客にたいして廻状をまわした例があった。 南原幹雄『付き馬屋おえん吉原御法度』より引用
  • このたばこは、特に江戸吉原の遊女らにもてはやされたという。 海音寺潮五郎『列藩騒動録(二)』より引用
  • 「ありんす」は「あります」の音変化で新吉原の遊女が用いた。
  • 次は八月の一日で、江戸時代になつても、吉原の遊女は、八朔ハツサクコロモがへと言うて、白衣シロムクを着た。 折口信夫『偶人信仰の民俗化並びに伝説化せる道』より引用
  • 華麗な桜、絢欄たる牡丹が吉原の遊女なら、まるで違う薄紅の魅力といえそうだ。 稲垣史生『考証[時代劇]』より引用
  • 深川の増蔵は日向が吉原の遊女屋を訪れることに勘を働かせていた。 宇江佐真理『髪結い伊三次捕物余話 紫紺のつばめ』より引用
  • のちに、このならわしヽヽヽヽが遊里にまで及び、吉原の遊女は、この日ばかりは、みな白無垢を着たからだといわれます。 平野雅章『たべもの歳時記』より引用
  • 堅気の百姓の家へ吉原の遊女を引き入れる訳にはゆかない。 岡本綺堂『籠釣瓶』より引用
  • 次へ »