吉原くん

71 の用例 (0.00 秒)
  • カステラを持ってきてくれたお母さんに向かって、吉原くんは言いました。 橋本治『勉強ができなくても恥ずかしくない(2) ―やっちまえ!の巻』より引用
  • 吉原くんの家がどこにあるのかも、やっぱりケンタくんは知りませんでした。 橋本治『勉強ができなくても恥ずかしくない(2) ―やっちまえ!の巻』より引用
  • 吉原くんの家は、映画やテレビのホームドラマに出てくる家みたいなのです。 橋本治『勉強ができなくても恥ずかしくない(2) ―やっちまえ!の巻』より引用
  • それからもケンタくんは、学校の帰りに吉原くんの家へ行きました。 橋本治『勉強ができなくても恥ずかしくない(2) ―やっちまえ!の巻』より引用
  • 吉原くんのお母さんも、玄関まで来て、家の外の明かりをつけてくれました。 橋本治『勉強ができなくても恥ずかしくない(2) ―やっちまえ!の巻』より引用
  • でも、吉原くんはマンガには関心がなくて、宿題をやっているのです。 橋本治『勉強ができなくても恥ずかしくない(2) ―やっちまえ!の巻』より引用
  • 次の週になって、ケンタくんはまた吉原くんの家に行きました。 橋本治『勉強ができなくても恥ずかしくない(2) ―やっちまえ!の巻』より引用
  • どうして吉原くんと仲よくなれたのかは、ケンタくんにもよくわかりません。 橋本治『勉強ができなくても恥ずかしくない(2) ―やっちまえ!の巻』より引用
  • 部屋の中にはいろいろなものがあって、それを吉原くんはケンタくんに見せてくれました。 橋本治『勉強ができなくても恥ずかしくない(2) ―やっちまえ!の巻』より引用
  • 遠くの吉原くんの家からだと、走って帰らなければなりません。 橋本治『勉強ができなくても恥ずかしくない(2) ―やっちまえ!の巻』より引用
  • 算数の宿題が出て、吉原くんが「一緒にやろうよ」と言ったからです。 橋本治『勉強ができなくても恥ずかしくない(2) ―やっちまえ!の巻』より引用
  • それは、吉原くんの家に遊びに行くようになった、四年生の三学期のできごとでした。 橋本治『勉強ができなくても恥ずかしくない(2) ―やっちまえ!の巻』より引用
  • 吉原くんの家には、吉原くんのための勉強部屋もありました。 橋本治『勉強ができなくても恥ずかしくない(2) ―やっちまえ!の巻』より引用
  • 吉原くんに「入りなよ」と言われて、ケンタくんはコタツの中に入りました。 橋本治『勉強ができなくても恥ずかしくない(2) ―やっちまえ!の巻』より引用
  • 吉原くんの家は、静かな住宅街の中にありました。 橋本治『勉強ができなくても恥ずかしくない(2) ―やっちまえ!の巻』より引用
  • それでケンタくんは、今まで通ったことのない道を通って、吉原くんの家へ遊びに行ったのです。 橋本治『勉強ができなくても恥ずかしくない(2) ―やっちまえ!の巻』より引用
  • おまけに、吉原くんの部屋には、吉原くん専用のコタツだってあるのです。 橋本治『勉強ができなくても恥ずかしくない(2) ―やっちまえ!の巻』より引用
  • ケンタくんは「はい」と言って、吉原くんと一緒に外へ出ました。 橋本治『勉強ができなくても恥ずかしくない(2) ―やっちまえ!の巻』より引用
  • 自分の家と吉原くんの家とでは、ぜんぜん違うのです。 橋本治『勉強ができなくても恥ずかしくない(2) ―やっちまえ!の巻』より引用
  • しばらくすると、吉原くんのお母さんが、紅茶とカステラを持ってきてくれました。 橋本治『勉強ができなくても恥ずかしくない(2) ―やっちまえ!の巻』より引用
  • 次へ »