合金魂

17 の用例 (0.00 秒)
  • そのため超合金魂を含めて大人を対象とした商品に変化している。
  • 本作品は本来超合金魂シリーズとして発売されたアフロダイAなどの別バージョンとして企画されたものである。
  • また、「超合金魂」から「宇宙戦艦ヤマト2199」が発売されている。
  • バンダイの超合金魂と対比されたり、同じ高級大人向け玩具という形で見られる事もしばしばある。
  • 当時は超合金魂のようなレトロかつハイターゲットな玩具が発表されており、本作も大人を対象とする玩具化を目指した。
  • 最初期に超合金魂のコンセプトを固めた井上剛よりGX-01商品化までの最終仕様を固める段階で引継ぎを受け初代開発者として有名となる。
  • ただし、商品開発上の解釈の咀嚼乖離により当時再現可能だった技術が超合金魂ブランド製品では再現されていなかったりと、プロポーションの向上に反しギミック的には逆に退化している製品も多々見られる。
  • このキットは本来の『超合金魂』の商品パッケージの中に内箱に入るかたちで同梱されており、そのパッケージデザインは番組放送当時の1/144プラモデルシリーズを踏襲した凝った仕様になっている。
  • また、子供向けに販売されていた「ポピニカ」と「超合金」をそれぞれ大人向けの企画、「ポピニカ魂」と「超合金魂」の中で以下が発売されている。
  • しかし、最近では前述の「大人の超合金」や『超合金魂・宇宙戦艦ヤマト』のように、かつてなら「ポピニカ」ブランドで発売されていたアイテムが「超合金」ブランドで発売される例も増えてきている。
  • ブラックカラーは超合金魂にも限定版として用いられた他、超合金以外の商品にまで限定カラーとして波及し、ポピニカブランドに加え、大獣神、タイムロボ、ダイボウケンなどという超合金ブランドではない戦隊ロボにも使用されている。
  • しかし、デザインや構造自体は玩具として再現するにはやはり無理があるため、組み替えや補助パーツ無しでの完全合体するダイオージャ玩具は未だに出ていなかったが、2012年5月にバンダイの超合金魂ブランドよりほぼ差し替え無しの完全合体を実現した玩具が発売された。
  • なお、超合金魂のパッケージ表記は「ZYYG」であるが、「ジーグ」と言う名の発祥から考えるとこの記述は誤りである。
  • また、近年には再発売だけではなく、完全新作商品として『超合金魂』にザブングル、ウォーカー・ギャリア、アイアン・ギアーの3点がラインナップに加わっている。
  • 旧タカラ版マグネモ玩具に比べると、超合金魂鋼鉄神ジーグは磁石が接する面積が狭いため磁力がやや弱く、ジョイント径の違いなどもあるため、完全な互換性は求めるべくもないが、一部のパーツは換装できる。
  • さらにムック本『第二次超合金魂計画』の誌上企画で販売された限定アイテムのザブングルにはボーナスアイテムとして、レッグタイプ、ホッグタイプ、ブランタイプの彩色済み完成品が付属した。
  • また、2006年7月にはバンダイから超合金魂GX-33「レオパルドン&スパイダーマン」が発売され、ソフビ魂「スパイダーマン」、ポピニカ「スパイダーマシンGP-7」が同梱されている。

合金魂 の使われ方