合金鋼

48 の用例 (0.00 秒)
  • 焼きを深くまで入れたいときなどに焼入れ性の良い合金鋼が使用される。
  • 構造用合金鋼の中では初期に開発されたもので、砲身用の材料として発達した。
  • そこでの生産活動は国内最大級で、高品質の合金鋼や機械類に特化している。
  • 高合金鋼の場合は熱伝導率が悪くなり、均一に要する時間は上式よりも長くなる。
  • 耐候性鋼とは、鋼表面に保護性錆を形成するように設計された低鉄合金鋼である。
  • ただし、高合金鋼や工具鋼のような高級鋼で行われるが、それ以外では一般的ではない。
  • この強靭な合金鋼は、もともと戦艦の装甲板用に開発された。
  • しかし強靱さの割には高価なため、低温での靱性を確保する特別な必要がない場面では普通は他の合金鋼を使う。
  • 一般には、機械構造用炭素鋼や低合金鋼などに適用される。
  • ニッケルとクロムを配合した合金鋼の表面に浸炭焼き入れをして強度を増した装甲板のことである。
  • 高合金鋼では空冷でも焼きが入ってしまう。
  • 炭素鋼と合金鋼は、成分からの分類では、以下のようにさらに細かく分類できる。
  • ただし、後述の通り高合金鋼使用の場合は、A cm 線以上で焼入れ温度を設定する場合もある。
  • JISでは、機械構造用合金鋼鋼材として材質記号SCrとそれに続く番号で規定されている。
  • 鉄に炭素とさまざまな微量金属を加えることで、多様な優れた特性を持つ合金鋼が生み出される。
  • また合金鋼の中では比較的高価である。
  • ニッケル鋼とは、合金鋼のうち炭素鋼にニッケルを加えた組成をもつものである。
  • 第一次世界大戦前夜の兵器の磨耗に対する対策が求められる中、ブレアリーは鋼の炭素とクロムの添加量を変えて耐磨耗性を向上させる合金鋼の研究を行った。
  • 低合金鋼工具鋼は比較的使用力学環境がマイルドな小型工具に使用され、ダイス鋼は金型などの大型で熱や物理的インパクトの激しいプレス金型などに使用される。
  • 鋼の内の低炭素鋼や一部の低炭素合金鋼は、炭素含有量が少ないため焼入れを行っても硬さがあまり向上しない。
  • 次へ »

合金鋼 の使われ方