合金化

23 の用例 (0.00 秒)
  • 金箔は一般的に銀と銅が一定の割合で混合され合金化されており、歩合によって名前が決まっている。
  • そのため合金化して砲弾に用いると、同サイズ、同速度でより大きな運動エネルギーを得られるため、主に対戦車用の砲弾・弾頭として使用される。
  • 銅の利用が広く利用される前に、錫等により合金化される試みが極めて急速に始まったため、銅器文化及び銅器時代の区分は困難である。
  • また、金属ガリウムは他の金属と容易に合金化し、その代表的なものとして磁歪材料や制振材料に用いられる鉄ガリウム合金がある。
  • 合金化は金にとっては硬度を上げることができ、他の金属にとっては伸長性が増し、本来の金色以外に変化に富んだ色調の地金とすることができる。
  • スズやケイ素はリチウムとの合金化反応により、グラファイトの数倍から数十倍の容量を示すことが知られていたが、体積変化が激しく寿命を延ばすことが困難であった。
  • 本グループのアルミ合金化は川崎車輛によるテストベッドとしての性格が強かったこともあって徹底しており、貫通路桟板を含め車体の金属製部品の大半がアルミ化されていた。
  • 鋼などの機械的強度の改善の主流は、マルテンサイトという特殊な組織変化を熱処理により起こし最大5倍以上強化するが、これも合金化で達成される好例である。
  • この効果を合金化して所定の温度範囲で金属の基本的な冷却による収縮効果を、先の膨張効果によって相殺することで、その温度範囲では熱膨張率がゼロになるという他の固体物質では見られない情況を作り出すことが出来る。
  • 水素吸蔵合金とは、このような性質を合金化によって最適化し、水素を吸わせることを目的として開発された合金のこと。
  • 合金化によって、結晶を構成する金属元素と大きさの違う金属元素に置換させたり、結晶のなかに小さな元素を侵入させたりして、結晶のひずみを作ることによって、転位の移動をしにくくして機械的強度を向上させることができる。
  • 鋼は幅広い産業に大量に用いられる用途なので合金化による強度改善の効果の総量は計り知れないものがあり、熱処理前は比較的加工がし易いことも産業界へ多大な寄与をする。
  • 合金化や熱処理あるいはそれに冷間加工組み合わせた処理により鋼より強度増幅効果をもつ固体を人類は未だ知らない。
  • すなわち、この天然な合金化によって工具鋼の歴史は始まったとも解釈されるが、現在の工具鋼の特徴であるマルテンサイトとはほど遠い、ウィッドマンステッテン状の組織を呈していることがわかっている。
  • また、取鍋の底部にポーラスプラグが差し込まれており、ガスが取鍋を通って溶湯中をバグリングする事とにより、合金化や金属処理を促進できるようになっている。
  • このような銅の機械的な弱さとは対照的に、他の金属と合金化して銅合金とすることで非常に優れた機械的強さを示すようになるため、銅の欠点を補い利点を伸ばす銅合金としての用途も幅広い。
  • 鋼の特長は、まず鉄に軽微な合金化を行うことにより強靭な固体材料を生成できること、資源が豊富であり比較的酸素との親和性が低いため安価に精錬ができることにあり、別元素との固溶限が大きく合金化しやすいため多様な鋼種が開発されてきた。
  • 車体単体でもRA273に比べ約70kgの軽量化を果たし、エンジン・ギアボックスのマグネシウム合金化による軽量化も加えた結果、車重は約610kgにまで削減された。
  • 主な金属材質は鉄 - 炭素 - クロムをベースとした合金に隠し味としてモリブデン - タングステン等で構成されているダイス鋼、高速度工具鋼などの高度に合金化された鉄鋼材料が主流である。
  • その他、クランク軸をシリンダー軸からオフセットさせる等のフリクション低減や、インテークマニホールドやヘッドカバーの樹脂化やオイルパンのマグネシウム合金化による軽量化が行われた。
  • 次へ »