合金元素の影響

6 の用例 (0.00 秒)
  • 合金元素の影響の大きさはそれぞれの成分の炭素当量を使って計算する。
  • さらに悪いことに、それらの合金元素の影響は相互作用により阻害される。
  • 焼入れ後の最高硬さは、ほぼ炭素含有量によって決定され、他の合金元素の影響は少ない。
  • 最高硬さは炭素含有量によって決まるが、どれだけ加工品の内部深くまで硬くなるかは加工品材料の焼入れ性によって大きく影響され、炭素以外のモリブデンなどの合金元素の影響もある。
  • 変態機構の変化に及ぼす合金元素の働きが必ずしも比例的でないため、ベイナイトの生成に及ぼす合金元素の影響は複雑である。
  • この考えはベイナイト変態は合金元素の影響による変態停留域の存在により、パーライト変態と分けられるべきとする。