合金を採用

27 の用例 (0.00 秒)
  • またメーカーによっては独自の特殊な合金を採用しているところもある。
  • この合金を採用したMSは稼動効率に伴う性能が飛躍的に上昇する。
  • 車体構造にはアルミ合金を採用した軽量なもので、製造は日本車輛製造が行っている。
  • また主要部分にマグネシウム合金を採用するなど、ビルドクオリティも確保されている。
  • 装甲材も陸戦型ガンダムと同じルナチタニウム合金を採用した。
  • 車体はICE T同様にアルミニウム合金を採用し、軽量化が図られている。
  • ソ連のアルファ型原潜など、チタン合金を採用したものもある。
  • 超高速を実現するため、チタン合金を採用していると西側では予測していたが、実際のところ鋼材とのハイブリッド使用によって超高速時の機体の耐熱限界温度の向上に成功している。
  • ガンダムを含む多くのMSの火器の威力が増していたため、装甲に新素材であるネオ・チタニュウム合金を採用し、ガンダムに迫る防御力を獲得している。
  • 船体は軽合金を採用した防弾構造となっており、武装工作船などからの銃撃にもある程度対応できるよう、被弾経始について配慮した設計がなされている。
  • 構造材として、従来のアルミニウム合金よりも多くの面で優れているチタニウム合金を採用したのも本機の特色である。
  • 船体にチタン合金を採用し、潜航可能深度200mを実現している。
  • 車体には軽量なアルミニウム合金を採用し、浮上航行能力とNBC防護力を備えている。
  • アルミニウムの耐腐食性とジュラルミンの強度を兼ね備えたという新合金を採用している。
  • 独自開発したそれまでの2倍強の推力をもつエンジンを搭載し、構造材へアルミニウム合金を採用、デジタル式の姿勢・誘導制御装置の搭載、推進剤タンクの自己加圧など新規技術が多数導入されており、それまでの長征1号とは一線を画したものとなった。
  • この合金を採用したガンダムは、OZや地球圏統一連合の主力MSリーオーやエアリーズなどの攻撃をほとんど寄せ付けず、単機で軍事基地を制圧するほどの圧倒的な強さを見せる。
  • 車体形状はICE Tとほぼ同じで、アルミニウム合金を採用して軽量化を図り、さらに、車体傾斜時に建築限界からはみ出さないよう、車体の上下を絞った形状としている。
  • なお、ドアおよびエンジンフードについては先代同様アルミ合金を採用し、加えて構造の合理化を行うことによりボディの重量増は防がれている。
  • 船体は、当時の先端鉄鋼技術を駆使したステンレス合金を採用した、リベット接合式の複殻式構造であった。
  • 従来の「知恵の輪」と呼ばれるもののほとんどが複雑に曲げられた針金で構成されていたのに対し、このキャストパズルは材質として亜鉛合金を採用し、鋳造によって成型され製造される。
  • 次へ »