合金を使用

52 の用例 (0.00 秒)
  • その一つは材料としてZamak合金を使用することにより再現度の高い設計が可能なことで、1/87スケールに対する明らかな利点となっている。
  • 主桁には超々ジュラルミンSSD合金を使用し軽量化と耐久性の両立を図っている。
  • CDソフト『新機動戦記ガンダムWデジタルメモリアルズ』では機体の一部にガンダニュウム合金を使用しているとも記述されている。
  • シャーシは厚みのあるサイドメンバーが付いた鋼と軽合金を使用したプラットフォーム型式のフレーム構造であった。
  • 劣化ウラン弾とは、弾体として劣化ウランを主原料とする合金を使用した弾丸全般を指す。
  • SLWTは基本設計は軽量タンクと同じだが、構造の大部分にアルミニウム/リチウム合金を使用している。
  • 昇降ハシゴ・タンク上部の踏み板は軽量化のためアルミ合金を使用し、タンク体が大型化したため、車両限界に抵触しないよう手すり高さを低くしている。
  • カーボンフレームが主流となってきた近年においてアルミニウム合金やマグネシウム合金を使用した金属フレームを得意とする同社の地位は低下しつつあるかに見えたが、東レからカーボンシートの供給を受けるなど、意欲的に新フレームの開発に取り組むことで、第一級レーシング・ブランドとしての地位を維持している。
  • ただし、木材を窓枠や内装等に使用していた通常のスハ43系などとは異なり、窓枠は防音を目的としてゴムで弾性支持する1段上昇式の鋼製品を二重構造で使用し、内装に仕上げ鋼板やアルミ合金を使用するなど全金属化が図られていた。
  • また重要な部分は厚みを減らすために切削で加工し、SRBとの後部接続部にはより軽量で強度の高いチタン合金を使用するなどの工夫がなされた。
  • なお、アメリカ海軍は、同様にアルミ合金を多用した巡洋艦ベルナップが、衝突事故に伴う火災によって上部構造物を全焼させて以来、上部構造物にアルミ合金を使用せず鋼製としている。
  • アルミニウム合金を使用したダブルスキン構造である。
  • シャーシはCADで設計され、モーガンとしては初めてのアルミ合金を使用するなど、伝統と最新の技術の融合を図っている。
  • 改良点は胴体を延長し、爆弾と燃料の搭載量を増加したことと新しいアルミ合金を使用し、いくつかの空力的洗練が行われた、またTu-4では視界のゆがみや内部反射をもたらすと不評だった曲面ガラスが廃止され一般的な段付き風防となった、この形体は後のTu-85やTu-95に継承されることとなった。
  • かつてのOOゲージ製品は純度の低い亜鉛合金を使用していたため、劣化が酷かったが、後年になりプラスチック製品も発売した。
  • 車体全体を構成している素材にアルミ合金を使用し軽量化を図り、ウォータージェット推進により水上航行も可能である。
  • アメリカ海軍のベルナップ級ミサイル巡洋艦の1番艦「ベルナップ」は、衝突事故に伴う火災で上部構造物を失っており、イギリス海軍もフォークランド紛争において、船体にアルミ合金を使用していた艦艇が大きな被害を受けた。
  • そのため、従来のPM型巡視船では採用されていなかった半滑走型のV型船型が採用され、船体に高張力鋼、上部構造はアルミニウム合金を使用することで軽量化を図ることで、7ノット以上の高速化に寄与している。
  • アルミニウム合金を使用した車両では、断面形状や断面積、内部のトラス形補強を自由に設定できる押出材なども用いられる。
  • ただし、本来は「ガンダリウム合金を使用したモビルスーツ」のことを指し、高性能なMSの代名詞であった。
  • 次へ »