合金で作ら

16 の用例 (0.00 秒)
  • これは、金銀や銅またはそれらの合金で作られた環で、首や肩などに掛けられた。
  • 奴隷用の首輪は、電波に対して敏感な異星の合金で作られている。 ジェイムズ・ティプトリー・ジュニア『たったひとつの冴えたやりかた』より引用
  • この望遠鏡の反射鏡は銅と錫の合金であるスペキュラム合金で作られていた。
  • 堅牢さと軽量化を同時に実現するため、チタン-アルミニウム合金で作られている。
  • 船体はチタン合金で作られており、強度が大きいので深深度潜航ができるという特徴を有する。
  • 圧縮比とタービン入り口温度を高めるためにブレードは先進的な合金で作られている。
  • ユナイテッド・ステーツはほとんどがアルミ合金で作られており、鋼鉄の下層部とアルミの上層部を接合するために特殊な技術が使われた。
  • ピストンはアルミニウム合金で、ピストンピンは単一の材料から加工された鉄合金で作られなければならない。
  • 主に高速度鋼や超硬合金で作られ、また、切刃部分にcBNや焼結ダイヤモンドを使用したものもある。
  • 簡易インジェクションキットは、通常の射出成形で使用される金型の代わりに、樹脂または軽合金で作られた型を使用し、ポリスチレンを低圧で射出して作られる。
  • 比重の重いタングステン合金やニッケル合金で作られたものの方がより細くなり、的に当たった際に干渉し合いにくいが、同時に高価になりやすい。
  • 国際キログラム原器は化学的に安定な白金90 %、イリジウム10 %からなる合金で作られ、国際度量衡局に、二重の気密容器で真空中に保護された状態で保管されている。
  • 基本的に強度部材は軽量なアルミニウム合金で作られているが、21世紀現在では金属に比べて軽量で強度も高い炭素繊維強化プラスチックが、主な胴体や主翼の構造を除けば採用が始まっており、1982年に動翼から採用が順次始まり、1985年には垂直尾翼、2006年には尾部胴体部分まで採用が広がっている。
  • 原作のメカが超合金Zと呼ばれる非常に硬い架空の合金で作られているという設定も手伝って、ダイキャストパーツとABS樹脂パーツでつくられたずっしり重たい玩具が子供たちの憧れの的となった。
  • 二酸化ウラン粉末は、燃料加工工場に渡されて上述の燃料ペレットに加工されて、ジルカロイ等の合金で作られた被覆管に封入される。
  • 鉄、真鍮、銅、銀あるいはそれらを素にした合金で作られた箍のように細長い帯状の金属板で、平安時代ごろより太刀や打刀の鞘、矛や薙刀の柄、金棒等の各種武器を補強した。