合わせる

全て 動詞
7,227 の用例 (0.01 秒)
  • これと似た経験はおそらく多数の人がもち合わせていることと思われる。 寺田寅彦『自由画稿』より引用
  • そこにも子供たちは男女を合わせて二十人くらいもいるにはいたのだった。 有島武郎『卑怯者』より引用
  • 皆が心を合わせてすれば、狭い山荘の内で隠れている所もないのである。 与謝野晶子『源氏物語』より引用
  • そのうちの一組は伸子たちのように向い合わせた室を別々にもっていた。 宮本百合子『道標』より引用
  • 同じ屋根の下に生活していながら、顔を合わせることが少ないのである。 森村誠一『生前情交痕跡あり』より引用
  • 工場から指定された時間に合わせるべく、時間調整をしているのである。 奥田英朗『最悪』より引用
  • 正確の観念なんかこれっぽっちだって持合わせてはいないんですからね。 加藤道夫『なよたけ』より引用
  • 英国中にある寺院の数、大小諸宗を合わせて二万五千八百五十七棟なり。 井上円了『欧米各国 政教日記』より引用
  • 一人ひとりがいうのに、ひどいめにわせたらどこかへいくだろうといった。 小川未明『つばめと乞食の子』より引用
  • ちょうど東京でゴルフ道具のブローカーをやってる人が来合わせていた。 坂口安吾『明日は天気になれ』より引用
  • もっと気を合わせて働きさえすれば、勝利はあたしたちのものですわ。 神西清『アッタレーア・プリンケプス』より引用
  • 日の暮れる前から何処の家でも申合わせたように雨戸を立ててしまった。 原民喜『冬日記』より引用
  • 次第に手馴れていくほどに、三度に一度は鈎合わせがきくようになった。 佐藤垢石『小伜の釣り』より引用
  • 僕のような一人旅でも、いたるところでツアーのグループと顔を合わせる。 阿刀田高『花惑い』より引用
  • そういう生まれ合わせだと皆はいうけれど、そうばかりは思われない。 伊藤左千夫『奈々子』より引用
  • むかい合った男女の列が一斉に尻を振りながら、それに合わせて動き出す。 中島敦『狼疾記』より引用
  • 三度目に少女と顔を合わせることになったのは、三年前の冬であった。 赤江瀑『正倉院の矢』より引用
  • しかし何度か顔を合わせるうちに、次第に惹かれるようになっていった。 東野圭吾『幻夜』より引用
  • 同じ職場で働いていても、顔を合わせることがなかなかないですからね。 永沢光雄『風俗の人たち』より引用
  • 今は、その理由も、時間的な外部の条件と合わせつつ、はっきりわかる。 宮本百合子『獄中への手紙』より引用
  • 次へ »