合わす

全て 動詞
649 の用例 (0.01 秒)
  • 少年に話をしてるうちに知らず知らず少年の思想に調子を合わしていた。 ロラン・ロマン『ジャン・クリストフ』より引用
  • 両手は上下に大きく幅を持って、二人一組で円を作るように合わされる。 川上稔『AHEADシリーズ 07 終わりのクロニクル③〈下〉』より引用
  • そこにふたりの男がいれば、互いに顔を合わさないわけにはゆきません。 ユゴー・ヴィクトル『レ・ミゼラブル』より引用
  • あのひとはどうして、おれと話す時なかなか目を合わそうとしないのか。 鈴木大輔『ご愁傷さまニノ宮くん 02』より引用
  • お庄は父親と顔を合わすのを避けるようにして、台所の方へ出て行った。 徳田秋声『足迹』より引用
  • 秀吉からひき合わされたので人みな初めて彼の仁心を知ったのだった。 吉川英治『新書太閤記(六)』より引用
  • だが、だれもわたしと目を合わそうとせず、まもなく二人は出ていった。 ウルフ/岡部宏之訳『新しい太陽の書1』より引用
  • あの説明会に、夜中まで付き合わされた方の身にもなってみてください。 竜騎士07『ひぐらしのなく頃に 08 祭囃し編かけら&TIPS』より引用
  • しかし彼女と顔を合わしたとき、彼もまた万事終わったという気がした。 ロラン・ロマン『ジャン・クリストフ』より引用
  • 最初に顔を合わした日から、その老人は悪魔のように彼につきまとった。 マッカラーズ/河野一郎訳『心は孤独な狩人』より引用
  • そんなこともこのニュースとてらし合わして見るといろいろ思われます。 宮本百合子『獄中への手紙』より引用
  • それは弾が出るまで付き合わされるロシアンルーレットのようなものだ。 池上永一『シャングリ・ラ 上』より引用
  • もちろん、仕事上の話をすることはあるし、目を合わすことだってある。 神崎京介『禁忌』より引用
  • 海方の言う三つの鎖と二つの鎖とが音を立ててつなぎ合わされたのだ。 泡坂妻夫『死者の輪舞』より引用
  • ハピイは身体を触れ合わすだけで、それ以上のことを一度も要求しない。 阿佐田哲也『新麻雀放浪記』より引用
  • 外国製だとすると、作られた場所の時間に合わされているのかもしれない。 大沢在昌『悪夢狩り』より引用
  • 山内というその男と笹村も一、二度どこかで顔を合わして相知っていた。 徳田秋声『黴』より引用
  • 胸の前で合わされた腕の先はまるでおしゃぶりをしているようにも見える。 楡周平『マリア・プロジェクト』より引用
  • 間に合わすのが大変だったと、彼女が言ったことをふいに思い出した。 矢作俊彦『夏のエンジン』より引用
  • 居合わしたものは、微笑わらっているだけで、それには何にも答えなかった。 ヒルトン/菊池重三郎訳『チップス先生さようなら』より引用
  • 次へ »