司馬

全て 名詞
4,649 の用例 (0.02 秒)
  • そこでまずその祖父司馬達等であるが、これはどういうものであろうか。 金達寿『日本の中の朝鮮文化 03』より引用
  • そして一歩前に出た少女が腰を手に当てて司馬承禎に苦情を言っている。 仁木英之『僕僕先生』より引用
  • ことほどさように司馬遷にとって墨子は視野の外に置かれた人であった。 酒見賢一『墨攻』より引用
  • 武帝の元狩四年に将軍号に冠する一種の称号として大司馬が設置される。
  • 後に司馬に代わって軍隊の指揮官の名称として用いられるようになる。
  • これにすっかり騙された武帝は司馬衷を廃嫡しようとは考えなくなった。
  • こう聞いて初めて司馬懿は孔明の死のやはり真実であったのをさとった。 吉川英治『三国志』より引用
  • 司馬徳戡は弑逆者集団のなかでもっとも多くの実戦部隊を指揮していた。 田中芳樹『風よ、万里を翔けよ』より引用
  • なんと司馬承禎は後ろに立っている二人に話を投げてきたからである。 仁木英之『僕僕先生』より引用
  • 続けて司馬は、河井が虎三郎を見舞った場面を、次のように描いている。 松本健一『われに万古の心あり』より引用
  • 上機嫌な司馬承禎はなんでも言ってくれとばかりに両手を大きく広げた。 仁木英之『僕僕先生』より引用
  • まず、司馬が描く、河井と虎三郎の対立のありようから引用してみよう。 松本健一『われに万古の心あり』より引用
  • 正面きって梁司馬を敵にまわしても、得をすることはなにひとつない。 井上祐美子『五王戦国志 外伝 雪花譜』より引用
  • それはともかく、敢えて司馬徽が言っているのはどういうことであろう。 酒見賢一『泣き虫弱虫諸葛孔明』より引用
  • 司馬仲達が遼東の公孫淵討伐に派遣されたのは、四年後のことであった。 陳舜臣『秘本三国志 06 (六)』より引用
  • 司馬さんはこの話を京都の友人に語ったところ、その友人はこう言ったという。 遠藤周作『ぐうたら人間学』より引用
  • したがって、司馬史観という言葉を利用しているのは批判派だけではない。
  • おれが母の色香によって司馬になったということも、ほんとうだったのだ。 駒田信二『中国妖姫伝』より引用
  • 唐の柳宗元が、京官から永州の司馬に左遷されたときのことである。 駒田信二『中国怪奇物語(妖怪編)』より引用
  • 司馬の歴史観についての議論を見る上で時代性に関しての視点は重要であろう。
  • 次へ »