司会

全て 名詞
7,925 の用例 (0.02 秒)
  • 海外旅行のツアーで親しくなった人の結婚式の司会もしたことがある。
  • 嵐ちゃんは笑いながら司会者さんのところに到達すると、紙を奪い取った。 沖田雅『先輩とぼく 05』より引用
  • 司会者は手に持っていたカードを机の上に置いてから、機械のスイッチを押した。 泡坂妻夫『11枚のトランプ』より引用
  • ひとりでクイズ番組の司会をしているときいたことがあるが、観てはいない。 小林信彦『ビートルズの優しい夜』より引用
  • まあ一人だけ『様』付けなのは司会者の個人的嗜好しこうなのかもしれんが。 五十嵐雄策『乃木坂春香の秘密 第04巻』より引用
  • かといって、酔い過ぎてしまっては、むろん司会どころではないだろう。 東海林さだお『ショージ君のぐうたら旅行』より引用
  • このときの司会者は当時NHKアナウンサーであった宮川泰夫が務めた。
  • なお曜日別の担当キャスターが不在の際は、他の解説者が司会を務める。
  • 司会者が読み上げると、フロック・コートを着た男が祭壇の前に立った。 三浦綾子『続泥流地帯 草のうた』より引用
  • 番組が高視聴率を取るようになり、一気に人気司会者の地位を築くに至った。
  • 大杉みのるがそう言ったとき、司会者は妙な顔つきで一枚の紙をひろげた。 半村良『となりの宇宙人』より引用
  • 他国版では何問目であろうと司会者が溜めることがない国も見られる。
  • 大声でさけぶ神名をよそに、教卓きょうたくの静かな司会者は話を進めることにした。 花鳳神也『死神とチョコレート・パフェ 1』より引用
  • スポーツ選手経験者が司会を務める先駆的番組として注目を集めた。
  • 司会の女生徒が興奮こうふんした様子でなにかをしゃべっているのが聞こえる。 雨木シュウスケ『鋼殻のレギオス04 コンフィデンシャル・コール』より引用
  • そのあとへまた、司会者の男が二、三名の連れと一緒にやって来た。 大杉栄『日本脱出記』より引用
  • ミキはただの出演者で、司会者とは何の関係もないことになってる。 風野潮『僕はアイドル? 02 26』より引用
  • テラスには、TVでよく見かける司会者が若い娘とぼんやり座っていた。 矢作俊彦『夏のエンジン』より引用
  • ニュース解説者の司会で、カメラはよく肥った男の横顔をアップにする。 半村良『となりの宇宙人』より引用
  • チャレンジャはまるで法廷の裁判長のようにおごそかに司会をつとめた。 ドイル/延原謙訳『失われた世界』より引用
  • 次へ »