司会陣

44 の用例 (0.00 秒)
  • 司会陣は前番組からの続投で、番組終盤のレースもそのまま続けられた。
  • その役割は日替わりで週によっては他の司会陣やゲストが参加する場合もある。
  • VTRが放送されていない司会陣以外の芸人は、控え室で待機させられていた。
  • 今回を最後に1998年・第49回から続いていた司会陣に女性アナウンサーが起用される体制が一旦途絶えた。
  • 司会陣以外の担当者は以下の通り。
  • 司会陣はこれら前身番組から続投する形で担当している。
  • また、番組の開始当初は、太平サブローも司会陣に加わっていた。
  • 直後に女性司会陣にたしなめられるという一幕もあった。
  • 一部のコーナーを除きテーブルがなく、司会陣とコメンテーター陣がやや向き合う形で座る形をとっていた。
  • 司会陣は前番組から引き続き出演の東野幸治と田中直樹に関根麻里が加わった。
  • 超級女声など100あまりの司会経験を持つ汪涵を始めとする6人のレギュラー司会陣で構成されている。
  • 松嶋が産休から司会に復帰し、柳原可奈子・富岡佳子が司会陣に加わる。
  • TBS玄関前で司会陣が「39時間もちつき」出演者や会場に集まった視聴者とともにラジオ体操を行ったほか、新年の夜明けを目前にした各イベント会場からの中継が入った。
  • 本放送の時間帯で放送中の『スタジオパークからこんにちは』については、放送枠の縮小・司会陣の交代で対応しながら、当番組の後枠で放送を続行している。
  • また、後期には吉田と同じ日本テレビアナウンサーの徳光和夫と杉かおりも司会陣に加わった。
  • 司会陣は当初グループ名が無かったことから、暫定的に「Aチーム」あるいは「Bチーム」と呼ばれていた。
  • 我修院達也・ホリが新たに司会陣に加わった。
  • また、司会陣とは別に、毎回1人の女子大生がビキニなどの水着姿で出演し、カバーガールのような役割を果たしていた。
  • また、改題前までは全編ロケで、取材は司会陣自らが行っていたが、改題後は彼らとは別のリポーター勢が取材を代行するようになり、司会陣が出演するのはスタジオパートのみとなった。
  • スタジオ部分では司会陣とレポーターがトークをし、行き先の概要を説明したり、こぼれ話を披露したりする。
  • 次へ »