司会担当

23 の用例 (0.00 秒)
  • NHKアナウンサー以外で史上初の5年連続での組司会担当となる。
  • 中居はNHKアナウンサー以外では史上初の4回目の白組司会担当となった。
  • 嵐は史上初のグループでの司会担当となった。
  • 毎回MVPが決定され、MVPは次の回放送分の司会担当者となる。
  • 同年での同2番組の双方司会担当は2008年の仲間由紀恵以来2例目である。
  • 一時期、宮田と福田が週の前半・後半と司会担当日を分担していたことがある。
  • ただし、夕方のワイド番組の司会担当者はこれらの番組出演の関係で、原則として平日のみに出演する。
  • 黛の司会担当時は現代音楽を精力的に紹介したが、彼の死去後はポップス中心に移行し軽音楽を扱う機会も増えている。
  • 実際井上は翌年の第63回以降、紅白の司会を担当しておらず、司会担当は今回1度限りとなっている。
  • 加山は2年連続での白組司会担当となったが、前回は組司会が2人体制となったため、今回は初の単独での担当となった。
  • 黛の司会担当時は主に現代音楽を取り扱い、ポップスや軽音楽が披露されるのは稀だった。
  • 「金曜ピカピカ生中継」では当番組の司会担当の山本浩之がリポーターを務める。
  • 番組上の題名は「ニュース解説 眼」であるが、実際には当日の司会担当者の名前が入るため、スタジオモニターには「ニュース解説の眼」と表示されている。
  • この番組以降、日本テレビの日曜正午枠ではジャニーズ事務所所属のタレント勢がメイン司会担当あるいはレギュラーで出演するバラエティ番組が放送され続けている。
  • この頃から、ココリコ以外の芸能人が挑戦する伝説が多くなり、節約バトル中心になった頃には、メインだったココリコの存在意義は薄れてしまい、司会担当だけになっている。
  • SMAPの白組トリ起用については、同リーダーの中居正広が今回組司会担当を退いたこともその一因である。
  • 前番組『サタッぱち 古舘の日本上陸』では古舘伊知郎は司会担当で、プレゼンターは本番組にも出演のはしのえみが務めていたが、本番組では古舘自らがプレゼンターを務めていた。
  • 試合のない平日には、ライオンズの情報番組『ライオンズエキスプレス』を放送しているほか、ファンイベントにも司会担当として、アナウンサーが参加するなど、埼玉西武ライオンズとのつながりは深い。
  • 仲間はこの年日本テレビ系列『24時間テレビ31 「愛は地球を救う」』のチャリティーパーソナリティーを担当しており、史上初の同年での紅白と『24時間テレビ』の双方司会担当となった。
  • 嵐は4年連続での白組司会担当、これは佐良直美、黒柳徹子、中居正広に並びNHKアナウンサー以外における連続での組司会担当の最長記録である。
  • 次へ »