司会を担当

191 の用例 (0.00 秒)
  • 最後の回は全員が出演したため、コーナーごとに交代で司会を担当した。
  • この時は各曜日レギュラー陣の代表が番組全体の総合司会を担当していた。
  • いつまで司会を担当したかは不明だが、末期は坂本が単独で司会を務めた。
  • 正式の最終回は4代目の黒柳・渡辺・柄沢トリオが主に司会を担当した。
  • テレビ愛知やテレビ北海道でも競馬番組の司会を担当したことがある。
  • バナナマンは、当番組で初めてアイドル番組の司会を担当することになった。
  • また、玉城村の玉城中学校の吹奏楽部の定期演奏会の司会を担当した。
  • 以来、新潟局・東京制作を問わず、地震関連の特別番組の司会を担当するようになっている。
  • また平日版では、1990年4月から宮根誠司が司会を担当してきた。
  • 今度は5組の芸能人が日替わりで司会を担当する形式へと変わった。
  • 以来、1973年まで通算15回に渡って紅組・白組・総合の全ての司会を担当した。
  • 番組は、前半は従前の形式で進行し、後半はレギュラーの一人が司会を担当するコーナーで構成された。
  • 国分が帯番組の司会を担当するのは初めてである。
  • なお地方からの生中継時は原則として地方局のアナウンサーが司会を担当したが、例外的に東京所属の司会者が各地を巡るという形式もあった。
  • 平日版・土曜版とも、朝日放送のアナウンサーが代々司会を担当している。
  • 歴代の紅白司会者の中で、紅組・白組・総合の全ての司会を担当したのは宮田のみである。
  • その後テレショップ番組の司会を担当する等活躍し、長男の会社の手伝いをしていた。
  • 高校時代は、剣道部と吹奏楽部を両立してトランペット兼司会を担当していた。
  • あのねのねがコーナー司会を担当するじゃんけん。
  • の臨時司会を担当したこともある。
  • 次へ »

司会を担当 の使われ方