司会ぶり

29 の用例 (0.00 秒)
  • 作家の小林信彦からその司会ぶりを「日本人離れした話術」と賞賛された。
  • この司会ぶりが好評を呼び、2009年も続投で司会に抜擢された。
  • 経歴に加え、イベントやラジオ番組での落ち着いた司会ぶりから受ける印象から、声のみを知るアニメファン等からは、実年齢以上の年長者と間違われることもある。
  • 久米はその軽妙な司会ぶりや画面を通して視聴者に話しかけるスタイルなど親しみやすさから、この番組をきっかけに全国的な人気を得た。
  • タレントとしては首都圏限定だが、チバテレビやテレビ東京などで軽妙な司会ぶりを見ることができる。
  • 追悼特別企画ではその「緻密な司会ぶり」がネタにされた。
  • 「題名のない音楽会」の司会ぶりというより、あの番組自体、黛さんそのもので、あれを何百回も続けていたら、作品の数も減るだろう。 岩城宏之『棒ふりのカフェテラス』より引用
  • その年を代表する曲を流す一方、松田の名司会ぶりと、正岡が披露するモノマネが、本コーナーの恒例と言うべき大きな特徴でもあった。
  • スポーツアナとしては浅見博幸・下田恒幸の下で長年に渡り下積み、現在はスポーツ中心で活躍しているが、情報番組の司会ぶりの評価が数段高く、現在も情報番組復帰の声が絶えない。
  • 翌1984年には、紅組司会の森光子に対しては互いに衣装や司会ぶりをお世辞ととれる程に称賛し合った。
  • 小猫のやる気の感じられない司会ぶりを、「電気グルーヴのオールナイトニッポン」などでよくネタにされていた。
  • そのリラックスした司会ぶりは、島田紳助に羨ましがられている。
  • 倖せそうな花ムコ、幸福そのものの花嫁の御顔をみるのもたのしいのだが、披露宴で司会者の司会ぶりとテーブル・スピーチをきいて聞きあきることがない。 遠藤周作『それ行け狐狸庵』より引用
  • 水前寺は番組開始前年である1968年の『第19回NHK紅白歌合戦』で紅組司会を務めているが、この時の司会ぶりの評価が本番組起用に繋がった。
  • 綾瀬は本番終了後、報道陣の取材に対し、自身の司会ぶりについて「60点」と語った。
  • 長い報道経験に裏打ちされ、ウィットと皮肉を交えるブリンクリーの司会ぶりは、後発でありながら番組への評価を大きく高め、政治討論番組のあり方そのものにも影響を与えた。
  • 黒柳が1980年のNHK『第31回NHK紅白歌合戦』の紅組司会に起用されたのは本番組の司会ぶりの評価もその一因である。
  • 予定を正確に把握し、ほとんどの台詞を台本なしで行い、歌手毎によって衣装を替えるという、それまでの歴代白組司会とは一線を画す司会ぶりは話題となった。
  • エロスや笑い、下ネタ、風刺などを盛り込んだ、普段のバラエティ番組では放送されないような過激なネタ・企画と、たけしのやりたい放題の司会ぶりがメインになっている。
  • かつて2人が在籍していたケイエスエス時代から、大宮は関連ラジオ番組やイベントの司会ぶりから「サブちゃん」とファンから呼ばれるほどに、また、飯塚も関連作品のディレクションを行う傍ら、大宮の片腕的存在兼漫才相手として、これまたファンから親しまれていた。
  • 次へ »