司会の明石家さんま

5 の用例 (0.00 秒)
  • 番組の最後には、司会の明石家さんまが自身の持ち歌を披露するのがお決まりとなっている。
  • また、司会の明石家さんまの声のみ黄色の字幕で表示される。
  • それまで同時間帯で放送されていた『あっぱれさんま大先生』が木曜ゴールデンタイムへ移動したため、同番組司会の明石家さんまを続投させる形で始まった。
  • 極度の恐がりで、お化け屋敷に入るのも大の苦手23歳だった1991年に「風、スローダウン」の宣伝でさんまのまんまにゲスト出演し、その時に一緒に出ていた監督の島田紳助に当時は童貞だったことを暴露されてしまう一幕があり、司会の明石家さんまに必死にフォローされていた。
  • 視聴者参加によるテレゴングを特化したアンケートや特集などを組んだ生番組で、同時期にスタートした前番組『さんまのからくりTV』の司会の明石家さんまも何度か出演したが、「最低2年は放送したい」というスタッフの意気込みとは裏腹に、半年で打ち切られた。