司会の島田紳助

15 の用例 (0.00 秒)
  • 解答ボタンを乱暴に叩きがちなのが特徴で、司会の島田紳助に怒られたこともある。
  • 司会の島田紳助が芸能人の恋をリアルにプロデュースする番組で、本番組のタイトルもこれが由来となっている。
  • 司会の島田紳助もこのジミーの活躍に「ジミーに久しぶりに会ったけど、前より確実にパワーアップしてる」と彼を評価している。
  • ただし、他の事務所の芸能人と共演する際は先輩への挨拶・敬語等が不可欠なため、東京03が『オールスター感謝祭』に出演した際、司会の島田紳助から事前に挨拶がなかった事で生放送中に恫喝され、その一件がスポーツ新聞の一面に報じられた事がある。
  • その凄まじい形相は幾度となく司会の島田紳助に「瞳孔が開いている」と形容された。
  • 但し途中でコースを間違え、司会の島田紳助からは「本当なら失格ですよ」と言われるも、スタッフの指示で該当部分を走りなおしたため、優勝が認められた。
  • しかし、2007年3月28日の3時間スペシャルに出演した際に珍解答を連発し、司会の島田紳助におバカタレントとして再び認められることになり常連出演者となる。
  • そのこともあり、司会の島田紳助に「ハンカチ王子」をもじって「ハチマキ王子」と呼ばれることもある。
  • 「ほぼ100円ショップ」には『ヘキサゴンII』司会の島田紳助が初挑戦した。
  • 司会の島田紳助とウイリー沖山・トニー黒岩などビートたけし扮するコメンテーターが漫才ブーム~番組初期の頃にかつて活躍していたお笑い芸人が出していたレコードを紹介し、時にはそれに加えポスターも送付して視聴者プレゼントにしていた。
  • 司会の島田紳助はメガネをかけている。
  • 毎回、関西を活動拠点としている若手お笑い芸人が中心となって編成されたリポーター軍団「なにわ突撃隊」から1 - 3名程度が全国を飛び回り決死の覚悟での体当たり取材を展開し、それを基にクイズを出題するとともに司会の島田紳助とゲストパネラーの白熱のトークバトルを展開する。
  • スタジオでは司会の島田紳助と当時フジテレビアナウンサーの八木亜希子、ゲストパネラーと警察ジャーナリストがコメンテーターとして解説する。
  • 羞恥心のデビュー曲「羞恥心」の大ヒットから、『ヘキサゴンII』司会の島田紳助は番組発ユニットの『NHK紅白歌合戦』出場に対する意欲を見せるようになっており、本ユニット結成発表時から「Paboも一緒に紅白へ」という目標を掲げていた。
  • 珍解答を連発し司会の島田紳助に「香田晋の後継者が現れたよう」、「さわやかバカ」と言われる。