司会の大橋巨泉

7 の用例 (0.00 秒)
  • 司会の大橋巨泉が各問題の難易度に応じて、独自の判断で得点を決め、番組途中で点数順に席替えを行っていた。
  • その後、学生バンドの司会としてTBSラジオの番組「大学対抗バンド合戦」に出演し、司会の大橋巨泉からその才能を認められている。
  • コントでのやり取りや、司会の大橋巨泉とのやり取りなどで90秒で推理して解答し、もし全解答者が答えられなければ観客の誰かに答えさせていた。
  • 珍回答も多く、三択問題以外の自分で回答を考える問題ではしばしばとてつもなく外した答えを書き、しかも自信満々に笑顔で説明するため、説明を受けた司会の大橋巨泉は呆れていた。
  • 結果ホールインワン賞を獲得したが、その直後に怒ったたけしにゴールデントロフィーをいったん取り上げられ、エンディングの際には、司会の大橋巨泉から「300って書くのはよっぽど単純」、たけしから「俺は恥ずかしくて書けませんよ」「一生いいことないよ」「家に帰ったら親死んでるぞ」とまで言われた。
  • 第31話では劇中、当時TBSの人気クイズ番組だった『クイズダービー』の出場者募集に宇崎家が当選した、という設定でスタジオ収録シーンが登場、司会の大橋巨泉、解答者の篠沢秀夫、はらたいら、竹下景子など実際の番組出演者がそのままゲストとなっている。
  • 最終問題の解答が発表されると、エンディング曲が流れる中で、司会の大橋巨泉が解答者を巡り、次いで賭け手3組をねぎらって「また来週」の台詞で本編は終了した。