司会のタモリ

28 の用例 (0.00 秒)
  • 総合司会のタモリ・明石家さんまと共演したことで大きな話題を呼んだ。
  • 司会のタモリにノエル自身のサイン入りのアナログ盤をプレゼントした。
  • 司会のタモリによると、いいとも史上初めて、とのことである。
  • また、セットにはスタッフがこの日のために作った司会のタモリをモチーフとした人形が3体置かれていた。
  • また、メイン司会のタモリの名キャラクターのひとつ「大魔神子」は当番組で誕生した。
  • 内で、司会のタモリにその悪役ぶりをネタにされ、「時三」と呼ばれていた。
  • 番組開始当初は企画の本筋へ入っても、司会のタモリ1人で司会進行を努め、ゲストが居た際にも行っていた。
  • しかし途中、「辞めたい」と言ったこともあるが、司会のタモリに慰留されたという。
  • 当番組は、メイン司会のタモリとゲストアーティストとの間において、トークや演奏・歌を交えながら音楽の魅力を紹介する。
  • 司会のタモリのシュールな芸風を尊重しているため、タモリらゲスト出演者のやる気のなさや収録の適当さを前面に出しているのも特徴のひとつである。
  • 投稿者たちが寄せた個人的な小さな主張「小意見」を紹介していた特別番組で、司会のタモリとゲストたちがそれらを吟味し、投稿者に支払う謝礼金の額を決めていた。
  • 総合司会のタモリが歴史上の偉人4名についての雑学を語り、偉人名のひらがな1文字がキーワードになっている。
  • 司会のタモリを中心に、世代や性別の異なるパネリストたちが様々な話題でトークを展開し、各々の感情でギャップを楽しむ内容となっていた。
  • このコーナーは、通常2か月ずつ区切りで紹介され、区切りの度に総合司会のタモリの横に座る各曜日レギュラーメンバーが変わる。
  • オープニングCGは、マンハッタンの夜景をイメージして作られ、建物の間からメイン司会のタモリ自ら、顔を覗き出す演出が毎回行われていた。
  • その日の企画の内容に合わせて、司会のタモリが世間話を話していると、わざとらしく、その日のゲスト約3-4名が現れる、というコント風のやりとりがなされる。
  • 総合司会のタモリは、台所に常に引きこもってシェフ達と豪華な料理を作って、大広間に運び入れる。
  • 司会のタモリとその日のゲスト約3-4名と軽いオープニングトークの後、武田広のナレーションによって、その日の企画内容が進められる。
  • その際、生放送中に司会のタモリに名刺を渡した。
  • また、司会のタモリは直接は登場せず、過去の傑作集のVTRのみで番組に出演経験のある勝田和宏・下平さやか両テレビ朝日アナウンサーによる司会・進行となった。
  • 次へ »