司会

全て 名詞
7,925 の用例 (0.03 秒)
  • 司会者をしているその雑誌の編集者が、明子の方へ身体を向けて言った。 佐多稲子『くれない』より引用
  • 初代司会者の決定の経緯については、資料によって内容が異なっている。
  • そんな彼女がこの場にいない教師の代わりに司会進行をやってくれている。 花鳳神也『死神とチョコレート・パフェ 1』より引用
  • 比較的視聴率の高いテレビの大衆向け法律番組の司会者の名をいった。 胡桃沢耕史『翔んでる警視正 平成篇5 涙のポンポコリン』より引用
  • もう何年も前のことだが、この司会者は自分の番組でこんなことをいった。 田中芳樹『薬師寺涼子の怪奇事件簿07 霧の訪問者』より引用
  • そのくせ、この司会者が本心で考えているのは、次のようなことである。 遠藤周作『それ行け狐狸庵』より引用
  • もう一人別の役者による成功談が終わると、またしても司会者が立った。 東野圭吾『殺人の門』より引用
  • 司会のアナウンスにつづいて流れた歌が何であったかおぼえておりません。 皆川博子『旅芝居殺人事件』より引用
  • また、特に小池が司会だった時代には、このような傾向が多く見られた。
  • しかし彼もまたラジオの司会をしていたし、俳優としての経験をもっていた。 加藤秀俊『一年諸事雑記帳(上) 1月~6月』より引用
  • 見ればクラス中が、俺が司会を引き受けた話題で持ちきりになっていた。 竜騎士07『ひぐらしのなく頃に 07 皆殺し編』より引用
  • 形式的な運営で事たれりとする司会進行役が多いことも、その一因である。 齋藤孝『「できる人」はどこがちがうのか』より引用
  • 紺の制服の肩の上に、壇の脇に控えていた、最初の司会者の顔があった。 麻生俊平『ザンヤルマの剣士 第三巻 オーキスの救世主』より引用
  • 司会役の男子がステージの下から運んできたのは、普通の机だった。 松野秋鳴『えむえむっ! 第04巻』より引用
  • 内容によっては司会者が直接取材したものを放送することがある。
  • しかし、ぼくは昨日の晩の司会者の言葉にうそはないと思ってるんだ。 ナポレオン・ソロ・シリーズ『05 人類抹殺計画』より引用
  • 司会のせりふを訳していると、今日の通訳代が安すぎる気さえしてきた。 田丸公美子『シモネッタのデカメロン イタリア的恋愛のススメ』より引用
  • 司会ってのは、その席の雰囲気ふんいきを盛りあげることにばかり気を使うんでね。 五木寛之『水中花』より引用
  • それは碓氷保見うすいやすみで、座談会の時司会をしてくれたことのある人物である。 森茉莉『贅沢貧乏』より引用
  • 司会のテレビ俳優は、クイズ番組などでよく顔を知られた人物だった。 阿部牧郎『ビル街の裸族』より引用
  • 次へ »