司る部分

20 の用例 (0.00 秒)
  • 他の感情を司る部分は、もう完全に破壊してしまったと聞きましたから。 毛利『志生子 カナリア・ファイル~金蚕蠱』より引用
  • 脳の視覚を司る部分が、幸福を感じるための化学物質で破壊されたんだ。 冲方丁『マルドゥック・スクランブル The First Compression 圧縮』より引用
  • 彼らはみな左脳、すなわち言語や論理をつかさどる部分に障害を持っています。 山本弘『時の果てのフェブラリー 赤方偏移世界 徳間デュアル文庫版』より引用
  • 脳の働きを計測すると、共感性を司る部分の働きが弱い場合が多いという。
  • それなら、そうした筋肉運動を司る部分は、よく似た部分であってよい。 養老孟司『からだを読む』より引用
  • とはいえ、彼女の脳の、感情を司る部分を病原体と私たちで交互に刺激をしようというのだ。 竜騎士07『ひぐらしのなく頃に 08 祭囃し編かけら&TIPS』より引用
  • ならば双方の存在を重ね合わせる事で互いの死を司る部分を打ち消そうとしたのです。 榊一郎『神曲奏界ポリフォニカ 第2話』より引用
  • しかし暗部を司る部分は生き残り、国に仇名す廃神を狩ることを任務としている。
  • 脳全体の再構築も行われ、視覚を司る部分が脳全体の1/3に達する事も明らかとなった。
  • 彼の脳髄は発達する、すなわち、少なくとも、彼の脳髄の数学的能力を司る部分は発達する。 ウェルズ/赤坂長義訳『月世界最初の人間』より引用
  • 左脳にある、ことばという運動を司る部分を、ブローカの運動性言語中枢という。 養老孟司『からだを読む』より引用
  • 脳の思考を司る部分にしこりを生みながら、受話器を置く。 入間人間『電波女と青春男 第01巻』より引用
  • アルコールがだんだんまわってくると、脳のなかで、本能的に自由な行動を司る部分の抑制が、とれてしまう。 群ようこ『撫で肩ときどき怒り肩』より引用
  • 一つの理論では、ダメージが視覚野と脳の言語を司る部分の連携不全を引き起こすというものである。
  • これは一説には、脳のなかの色彩を司る部分が、言語、音楽を司る部分とつながってしまっていることで起こるという。 浜崎達也『絶対少年 ~神隠しの秋~穴森 携帯版小説 第01 06章』より引用
  • 前頭葉は、悩みを司る部分である以上に、人を人らしくする「人間」そのものを司る部分でもある。 竜騎士07『ひぐらしのなく頃に 08 祭囃し編』より引用
  • 感染症の正体は、感染すると数秒で脳に侵入して精神を司る部分を破壊し、「凶暴性」を剥き出しにしてしまうウイルスであった。
  • 自身の長期的な目標に沿った行動は、前頭前皮質が司っているから、マクゴニガルは心と体を、前頭前皮質を脳のほかの部分、特に常にストレス下にある条件反射的な行動を司る部分に優先して働かせることを提案している。
  • だから、左脳にある、ことばという「運動」を司る部分は、右脳で言えば音楽の演奏を司る部分である。 養老孟司『からだを読む』より引用
  • 空飛ぶ円盤に潜む謎の異星人に操られる怪獣で、ラグストーンコアと呼ばれる建物に擬態して人々を誘い込み、人間の脳波を刺激して潜在能力を高め、その代わりに人間の感情を司る部分の脳波を吸収する。