司る脳

8 の用例 (0.00 秒)
  • ところがサイコパスは感情をつかさどる脳と学習を司る脳の連絡が悪いんだ。 牧野修『スイート・リトル・ベイビー』より引用
  • そして思考をつかさどる脳も電脳化を余儀なくされ、自らの身体すべてがあらがうべき対象となったのだ。 藤咲淳一『攻殻機動隊 虚無回廊』より引用
  • これは脳内分泌における満足感や幸福感を司る脳内物質セロトニンが、スキンシップなどにより、より良く働くためとも言われている。
  • ただその仕事が難しいのは、肉体と精神の、両方の分野にまたがる問題であり、記憶の働きをつかさどる脳という精巧なメカニズムの秘密が、現代の医学の知識では、まだ何も判っていないからである。 井上靖『崖(上)』より引用
  • 精神科医のマイケル・ヤシンスキーは、瞑想のように、何かに集中し、リラックスすれば、ストレスや不安を司る脳のほかの部分は働かなくなるものだ、として、ASMRのような現象もあり得ることだとした。
  • そのバイオ・チップは、さるに似た強獣の運動機能をつかさどる脳細胞と三半規管をつなげて、カットグラの基本となる動きがなされるように設計されたために、カットグラの、立つ、走る、すわるといった動作は、パイロットがそう考えるだけで実行させることができた。 富野由悠季『オーラバトラー戦記 02 戦士・美井奈』より引用
  • その後の、遺伝学的な解析から様々な記憶・学習に関係する遺伝子が同定され、近年では蛍光タンパクなどを用いた記憶や学習を司る脳の回路解析が行われている。
  • テレビ番組『特命リサーチ200X』の解説によると、カナダ・マギル大学のワイルダー・ペンフィールド博士がおこなった実験によって、正常な人でもボディーイメージを司る脳の領域に刺激を与えると、肉体とは別の「もう一人の自分」が存在するように感じられることが確認されている、としている。