司る神経

9 の用例 (0.00 秒)
  • 人間の痛覚を司る神経は、ほとんどが皮膚の表面に分布しとるんです。 貴志祐介『黒い家』より引用
  • 例えば眼であれば、眼球を形成するために遺伝的変異が大量に必要であり、さらにその眼を利用するための行動を司る神経系と脳が必要である。
  • 血中濃度が上昇するにつれて、運動器や意識を司る神経系にも抑制が掛かり、運動の反射時間の延長や刺激への無反応を生じる。
  • そういう便利な薬品のあるのが事実だとするならば、あるいはこの団平という男も神経痛を病んで切断剤を注射してもらったことがあり、その際に看護婦の手違いかなにかでデリカシイをつかさどる神経まで切断されてしまったのではあるまいか。 鮎川哲也『朱の絶筆』より引用
  • 脳内で、快楽などを司るA10神経のシナプス間に、幸福感を司る神経伝達物質であるセロトニンが、大量に放出されている状態とされる。
  • 眼神経とは、三叉神経の第1枝で、眼動脈と分布域を同じくし、三叉神経節より始まり、その前上方に向かって分かれ、上眼窩裂から眼窩に入り、その中でテント枝などに分かれ、眼窩内、前頭部・鼻腔などの知覚を司る神経である。
  • 身体から放散する特殊な光波チャネルを通じて、人間の行動を司る神経電流をモエタランガウィルスに感染させる。
  • モエタランガウィルスは、生体の全ての行動を司る神経電流を摂取しており、その電流はエネルギーとなってメタ次元ニューロンを通じモエタランガに送られる。
  • 上顎神経とは、三叉神経の第2枝で、目の下-頬-上唇-上顎の口腔内の知覚を司る神経である。