司る機能

24 の用例 (0.00 秒)
  • 漢方医学では六臓のうち心は五行思想で言う火を司る機能を指し、六腑で言えば小腸、五官で言えば舌、五体で言えば血脈に相当するため心の機能の低下は精神的な疲れなどがあらわれるとされる。
  • 漢方医学では六臓のうち心包は五行思想で言う火を司る機能を指し、六臓で言えば三焦に相当するため心包の機能の亢進は心臓血管障害などがあらわれるとされる。
  • 漢方医学では六臓のうち脾は五行思想で言う土を司る機能を指し、六腑で言えば胃、五官で言えば口、五体で言えば肌肉に相当するため脾の機能の亢進は警戒心が強く不安になるなどがあらわれるとされる。
  • 漢方医学では六臓のうち肝は五行思想で言う木を司る機能を指し、六腑で言えば胆、五官で言えば目、五体で言えば筋に相当するため肝の機能の亢進は抑さえてきた感情が爆発する、よく働きよく食べるなどがあらわれるとされる。
  • 漢方医学では六臓のうち心包は五行思想で言う火を司る機能を指し、六臓で言えば三焦に相当するため心包の機能の低下は胃・十二指腸の潰瘍、血圧が動揺するなどがあらわれるとされる。
  • 漢方医学では六腑のうち膀胱は五行思想で言う水を司る機能を指し、六臓で言えば腎、五官で言えば耳、五体で言えば骨や歯に相当するため膀胱の機能の低下は腹部の膨満などがあらわれるとされる。
  • 漢方医学では六腑のうち小腸は五行思想で言う火を司る機能を指し、六臓で言えば心臓、五官で言えば舌、五体で言えば血脈に相当するため小腸の機能の亢進は眼に落ち着きがないなどがあらわれるとされる。
  • 漢方医学では六臓のうち肺は五行思想で言う金を司る機能を指し、六腑で言えば大腸、五官で言えば鼻、五体で言えば皮膚に相当するため肺の機能の亢進は息が入らない、溜息が出るなどがあらわれるとされる。
  • 漢方医学では六臓のうち脾は五行思想で言う土を司る機能を指し、六腑で言えば胃、五官で言えば口、五体で言えば肌肉に相当するため脾の機能の低下は背中が痛む、放屁が多いなどがあらわれるとされる。
  • 漢方医学では六腑のうち大腸は五行思想で言う金を司る機能を指し、六臓で言えば肺、五官で言えば鼻、五体で言えば皮膚に相当するため大腸の機能の低下は鼻づまりなどがあらわれるとされる。
  • 漢方医学では六腑のうち大腸は五行思想で言う金を司る機能を指し、六臓で言えば肺、五官で言えば鼻、五体で言えば皮膚に相当するため大腸の機能の亢進は自分を抑え込むなどがあらわれるとされる。
  • 漢方医学では六腑のうち胃は五行思想で言う土を司る機能を指し、六臓で言えば脾臓、五官で言えば口、五体で言えば肌肉に相当するため胃の機能の亢進は欲求不満、愛情不足などがあらわれるとされる。
  • 漢方医学では六臓のうち肺は五行思想で言う金を司る機能を指し、六腑で言えば大腸、五官で言えば鼻、五体で言えば皮膚に相当するため肺の機能の低下は呼吸器の炎症、熱っぽく肩背が痛むなどがあらわれるとされる。
  • 漢方医学では六臓のうち腎は五行思想で言う水を司る機能を指し、六腑で言えば膀胱、五官で言えば耳、五体で言えば骨や歯に相当するため腎の機能の亢進は神経過敏、ストレスを感じているなどがあらわれるとされる。
  • 漢方医学では六腑のうち膀胱は五行思想で言う水を司る機能を指し、六臓で言えば腎、五官で言えば耳、五体で言えば骨や歯に相当するため膀胱の機能の亢進はおびえて冷汗をかく、神経が不安定などがあらわれるとされる。
  • 漢方医学では六腑のうち三焦は五行思想で言う火を司る機能を指し、六臓で言えば心包に相当するため三焦の機能の亢進は口内炎、子宮内膜炎、湿疹などがあらわれるとされる。
  • 漢方医学では六臓のうち心は五行思想で言う火を司る機能を指し、六腑で言えば小腸、五官で言えば舌、五体で言えば血脈に相当するため心の機能の亢進はよく笑う、熱っぽい、ノイローゼなどがあらわれるとされる。
  • 漢方医学では六腑のうち胆は五行思想で言う木を司る機能を指し、六臓で言えば肝臓、五官で言えば目、五体で言えば筋に相当するため胆の機能の亢進は熟睡できなく眠りが浅い、疲れてやる気がなくなるなどがあらわれるとされる。
  • 漢方医学では六腑のうち胃は五行思想で言う土を司る機能を指し、六臓で言えば脾臓、五官で言えば口、五体で言えば肌肉に相当するため胃の機能の低下は咽の渇き、唇の乾燥、便秘などがあらわれるとされる。
  • 漢方医学では六臓のうち肝は五行思想で言う木を司る機能を指し、六腑で言えば胆、五官で言えば目、五体で言えば筋に相当するため肝の機能の低下は関節痛、精力減退などがあらわれるとされる。
  • 次へ »