司る存在

15 の用例 (0.00 秒)
  • 冥府においては魂の管理者とされ、小説・映画など様々な娯楽作品にも古くから死を司る存在として登場する。
  • 禅竹は翁を「猿能の能の世界を司る存在」と捉えていたようである。
  • 海辺、とくに干潟の多い地方では豊漁を司る存在として信仰の対象とされている場合がある。
  • 宇宙山スパイクはグローランサと創造と秩序を司る存在でもあった。
  • これは、王が本来人間の身でありながら、宇宙の秩序を司る存在として君臨していたことに由来し、そのための能力を失った王は殺害して新たな王を擁立して秩序を回復させる必要があると考える、神秘主義的な古代概念である。
  • この事からも、黒竜は海、又は闇を司る存在としても描かれている事が多く、海に住む魚達を乱獲する者達には罰を与え、海底に引きずり込むと言われている。
  • ここにおいては、王は人間の身でありながら、同時に宇宙の秩序を司る存在として捉えられたのであり、現人神と考えられたエジプトのファラオは代表的な例である。
  • また、万物の働きを司る存在として「晶霊」と呼ばれる無生物でも生物でもない霊的な存在がおり、晶霊を利用した技術や学問が発達している。
  • 古代メソポタミアや古代ギリシアでは彫刻や壷に飼いイヌが描かれており、古代エジプトでは犬は死を司る存在とされ、飼い犬が死ぬと埋葬されていた。
  • テイルズ オブ シリーズには、世界の根本を司る存在としてたびたび精霊が登場する。
  • 神を主体とする伝統とは、人間の生存上に必要な理性や宿命の理解への拠り所として、または、人類や地球の起源を司る存在として、「神」を精神的に崇める立場やその信仰の形態が、歴史の中で形成されつつ次世代に伝承されて行く、その一連の歴史的な形態を指す。
  • またゼウスとテミスとの間に生まれた季節の女神・ホーラの1柱ともされており、夏を司る存在として植物の生長を象徴する。
  • 「混沌の地」と呼ばれ、大陸の北部は混沌を司る存在であるジャカオに飲み込まれつつある。
  • クリスタニアの神獣王の一柱、周期の神獣王フェネスは、ファリスとファラリスの兄弟神であり月を司る存在であるとも、邪神「名も無き狂気の神」の正体であるともいわれる。
  • 人間の非業の死を司る死神であった西王母であったが、「死を司る存在を崇め祭れば、非業の死を免れられる」という、恐れから発生する信仰によって、徐々に「不老不死の力を与える神女」というイメージに変化していった。