司る

全て 動詞
1,880 の用例 (0.01 秒)
  • 他の感情を司る部分は、もう完全に破壊してしまったと聞きましたから。 毛利『志生子 カナリア・ファイル~金蚕蠱』より引用
  • 地域圏の制度が発足すると、地域圏が地方交通政策を司るようになった。
  • 脳の視覚を司る部分が、幸福を感じるための化学物質で破壊されたんだ。 冲方丁『マルドゥック・スクランブル The First Compression 圧縮』より引用
  • ダムは現在両県の共同管理となっており、両県の職員が管理を司っている。
  • 各種電話サービスをソフトウェア的に司るプロセッサであるとも言える。
  • つまり、悪を悪だと判断する人の心の働きを司る神だというのである。
  • 多数の文学者らが、今では政治を事として、国務をつかさどらんと考えていた。 ロラン・ロマン『ジャン・クリストフ』より引用
  • 彼らはみな左脳、すなわち言語や論理をつかさどる部分に障害を持っています。 山本弘『時の果てのフェブラリー 赤方偏移世界 徳間デュアル文庫版』より引用
  • 人の生き死にを司る責任の重さなんて、あの時には全然知らなかった。 九条公人『この愛を贖(あがな)いに代えて』より引用
  • 実質的な生徒会運営のほとんどを司っており行政に近い役割である。
  • フランス第五共和政における政府は、フランスの行政権を司る機関である。
  • その後現れた、街の警護けいごつかさどる役人は襲撃しゅうげきの状況をくわしく聞きたがった。 ろくごまるに『封仙娘娘追宝録05 黒い炎の挑戦者』より引用
  • 王 法王と申すものは政治の極く小さい部分の宗教を司って居るのじゃ。 宮本百合子『胚胎』より引用
  • 実現象としての奇跡を司り、それをもって英雄に勇気を授けるとされる。
  • だが冥王は再び魔界を支配するべく、世界を司る5つの石を集めていた。
  • 人間がその魂を汚すことを防ぐという役目から死を司る天使ともされる。
  • そこから、古代神話の時を つかさどる運命の三女神の名を与えられたのだ。 安井健太郎『ラグナロク 第01巻 黒き獣』より引用
  • 兄・時平の早世後に朝政を司り、延喜の治と呼ばれる政治改革を行った。
  • このままでは、大神祭を司る日女がいないことになってしまうのです。 今邑彩『蛇神』より引用
  • これらの神は黄泉の穢れから生まれた神で、災厄を司る神とされている。
  • 次へ »