右に傾き

33 の用例 (0.00 秒)
  • 逆に針が左に傾いていると低く、右に傾いていると高い事を示している。
  • ハンドル操作一つで、目の前の風景がザーッと右に傾くし、左にも傾く。 赤瀬川原平『じろじろ日記』より引用
  • 右に傾いた身体は、左ののどと腹を敵に見せることになる。 川上稔『AHEADシリーズ 02 終わりのクロニクル①〈下〉』より引用
  • しかし、数分後に魚雷の命中のような爆発が起こって右に傾いた。
  • 操縦士は機体が右に傾いたことに気付かず、操縦桿を引き続けた。
  • ハイフンが短い2本の60度の角度で右に傾く線が聖書に出現する。
  • 矢羽のつくりなど相当ぞんざいだけど、矢のしりは死体から見てわずかに右に傾いているんだ。 鳥飼否宇『中空』より引用
  • 首が百三十度ほど右にかたむいていて、赤紫あかむらさき死斑しはんが額や、おそらくしりにでも浮かんでいるはず。 入間人間『嘘つきみーくんと壊れたまーちゃん 02 善意の指針は悪意』より引用
  • 梳櫛が左耳のきわにかかると五兵衛の首は心持ち右に傾き、右の耳に行くと今度は左に傾いた。 宇江佐真理『髪結い伊三次捕物余話 幻の声』より引用
  • 調整が最後までうまくいかず、左手の丼が高く持ちあがって、体全体が右に傾いたまま食事を続ける人もある。 東海林さだお『タコの丸かじり』より引用
  • 駅舎上の高架線が長野駅方面への下り坂となっているため、駅を正面から見ると右に傾いているようにも見える。
  • 接触後、水切りのように一旦上昇したものの、機体は大きく機首を下げ右に傾いた。
  • 右を踏みこめば機体そのものが右に傾いて右回り、左を踏めば左に傾いて左回りする。 胡桃沢耕史『翔んでる警視正 平成篇2 ゴンドラの花嫁』より引用
  • しかし、一度右に傾いてしまった重心は、容易に戻ろうとしない。 川原礫『アクセル・ワールド 03 -夕闇の略奪者-』より引用
  • 重心が崩れて、自分の身体が少しだけ右に傾いていることに気づきながら、公園へ急いだ。 入間人間『電波女と青春男 第04巻』より引用
  • 当該機は飛行中に右に傾きやすい癖があった。
  • 機体が60度ほど右に傾いたが機長は操縦桿を引き続けた。
  • 既に彼の身は右に傾いている。 川上稔『AHEADシリーズ 07 終わりのクロニクル③〈下〉』より引用
  • 不意に彼の身体が右にかたむいた。 喬林知『今日からマ王 第15巻 「宝はマのつく土の中!」』より引用
  • これは加熱することにより以下の平衡が右に傾き、ラジカルが発生するためであるとされている。
  • 次へ »

右に傾き の使われ方