史跡

全て 名詞
3,519 の用例 (0.01 秒)
  • この土地は後に札幌村郷土記念館として札幌市より史跡の指定を受ける。
  • これらは史跡などに指定され、保存と活用がはかられている遺跡である。
  • 市は遺跡の保存を決定し、将来的には史跡公園の整備などを計画している。
  • 翌年には廃藩となり、現在のむつ市斗南ヶ丘にその史跡がわずかに残る。
  • 市の最も重要な史跡は旧市街にあり、一帯はかつて城壁で囲まれていた。
  • 一帯に残る館跡、城跡等は松平氏遺跡として国の史跡に指定されている。
  • 学術的にも重要な遺跡ということで1924年、国の史跡に指定された。
  • また、南北朝時代の重要な城跡遺構として国の史跡にも指定されている。
  • 現在、県の史跡として保存されているものとしては、以下の古墳がある。
  • 英語で書かれた簡単なミストラスの歴史と史跡に関する文献を挙げておく。
  • 現用施設である一方で、史跡として港区指定文化財にも指定されている。
  • 造船所には珍しく施設内に史跡があるのもこの造船所の特徴でもある。
  • 神戸市教育委員会編『神戸の史跡』によるとそれがこう書かれている。 金達寿『日本の中の朝鮮文化 06』より引用
  • これは内寺内の東北部に位置し、これら土塁跡は国の史跡に指定されている。
  • 他には元軍人で大統領を務めたの家が史跡として残されている。
  • 古代祭祀さいし遺跡として全国的に有名になり、国の史跡として指定された。 梅原克文『カムナビ(上)』より引用
  • 建築物は1998年に中華民国政府により国定史跡の指定を受けている。
  • しかしながら人々の関心は国立公園局に同地区を史跡として保存させることとなる。
  • 鎌倉時代後期の建立で、その保存状態の良さから国の史跡に指定されている。
  • 旧市街の史跡の保存状態も良く、ユネスコの世界遺産に登録されている。
  • 次へ »