史家

全て 名詞
1,963 の用例 (0.01 秒)
  • しかし、後世の史家からはその親族関係は疑問であると指摘されている。
  • 通りの名は言語学者で文学史家のマティア・チョプに因み名付けられた。
  • 戦後は軍事史家・作家として活動したが、世間にはほとんど無視されていた。
  • このリボンが何を表しているのかが美術史家たちによって議論されてきた。
  • 思想史家とは、思想の歴史である思想史を研究する者のことである。
  • この要素は、宗教史家たちとともに、聖なるものと呼びうるものなのだ。 鹿島茂『セーラー服とエッフェル塔』より引用
  • 歴史小説を書く者は、小説家であると同時に史家でなければならぬ。 直木三十五『大衆文芸作法』より引用
  • ライトの作品が美術史家から評価され始めたのは、ごく近年になってからである。
  • 建築史家とは、建築史を専攻し建築の歴史を研究する研究者、学者である。
  • 映画史を研究する学問もあり、映画史の研究者を映画史家と呼ぶ。
  • 著作の中で、当時の三名の著名な自然史家の自然観を総合した。
  • ポラクはのちに重要な美術史家となったが、第一次大戦で戦死した。 原田義人『年譜』より引用
  • 紀元前6世紀から古代ギリシア・ローマの史家によってその存在が記されてきた。
  • 郷土史家というのは地元の歴史研究者、ひらたくいえば素人学者のこと。 浜崎達也『絶対少年 ~神隠しの秋~穴森 携帯版小説 第01 06章』より引用
  • カプセルの正確な着陸場所は、その後の宇宙史家の議論の的となった。
  • モレルの人物像については、後世の史家からもあしざまに描かれている。 北杜夫『怪盗ジバコ』より引用
  • 日本で教鞭をとったこともある20世紀を代表する哲学史家である。
  • なお日本哲学史を専攻するものは、日本思想史家と呼ぶことが多い。
  • 彼女がいったい何者であるのかは美術史家たちも明らかにすることができないままだ。
  • 科学史家は彼を科学史上最高の実験主義者と呼んでいる。
  • 次へ »