史実

全て 名詞
2,848 の用例 (0.02 秒)
  • 史実というものは文学を離れては存在することが困難なように思われる。 寺田寅彦『科学と文学』より引用
  • だがこれらの説話にどの程度史実が含まれているのかは全くわからない。
  • その他にも自動人形や航空船といった史実には存在しない機械が登場する。
  • この銀銭は史実に記載がなく、残りの文字もわからない謎の銀貨である。
  • 史実とはやや異なる精神主義に陥らない合理的な日本人像を書いている。
  • そして取材班がその史実を知ったのは、まったくの偶然によってである。 松平維秋『松平維秋の仕事』より引用
  • ここで描かれているシャルル九世のエピソードは史実にほぼ即している。 アレクサンドル・デュマ/鹿島茂『編訳 王妃マルゴ(上)』より引用
  • 史実を描いてなくても歴史的背景をテーマに持つものを含める場合もある。
  • しかし、この劇は、このような史実や物語を単に劇化したものではない。 シェイクスピア/大山敏子訳『ジュリアス・シーザー』より引用
  • 史実的には全然信用の出来ない書物ですが、小説の眼目は史実にはない。 海音寺潮五郎『史談と史論(上)』より引用
  • 二十一年春、史実調査会の出資を仰ぎ設立された光電社が、それである。 中川靖造『海軍技術研究所』より引用
  • これら地図は、必ずしもすべてにおいて正しい史実を反映してはいない。
  • 史実と考えられているが、詳しい事情は様々な伝説があって定かでない。
  • 保食神の頂から牛馬が化生したと云うのは、神話であって史実ではない。 中山太郎『穀神としての牛に関する民俗』より引用
  • 史実としても、里に下りて金龍きんりゆう寺の開山かいさんになったということになっている。 宮元啓一『日本奇僧伝』より引用
  • このような歴史劇に書かれていることが史実であるとの誤解も増えてきている。
  • ただし、この話は歴史学的には史実ではないというのが一般的である。
  • 講談などに出て来る人物のことは、ほとんど史実に相違していますね。 海音寺潮五郎『史談と史論(上)』より引用
  • 史実では無意味とまで評価された同盟国の有効活用も行なっている。
  • 「日本があのまま戦争を続けていたら」ということがすでに史実と異なる。 御田重宝『シベリア抑留』より引用
  • 次へ »