史上特筆すべき

17 の例文 (0.00 秒)
  • 映画史上特筆すべき異才であり、怪物的な芸術家であった。 ...
  • 同書では一茶以前には存在しなかった農民詩人として定義されており、そのことは日本の文学史上特筆すべきことであるとした。 ...
  • 本作を日本演芸史上特筆すべきものとしているのは、操演において初めて三人遣いが行われたと伝えられた点である。 ...
  • 越後えちごの国は日本女豪傑ごうけつ史上特筆すべきものを持っている。 ...
  • 芭蕉が創造の功は俳諧史上特筆すべきものたること論をたず。 ...
  • また学術的には清朝の県レベルの行政档案を整理した淡新档案は法制史上特筆すべき業績とされている。 ...
  • その代表は、機関車史上特筆すべきSD40-2であった。
  • これらのうち、実際には忠明以降の幕府直轄領時代に実施された計画も多いが、その準備を含め、忠明は大坂都市計画史上特筆すべき業績を残したのである。 ...
  • 眼病を癒しながらその準備をしていた時、当地の学生であった若きゲーテがヘルダーを訪ねてくるという、ドイツ文学史上特筆すべき出会いがあった。 ...
  • がしかし、今日的に三面記事にもなり得ない情況を担っているからこそ、ひるがえって私は、この事件を、日本犯罪史上特筆すべきものと明察し、その行間にかいま見せている切実な市民構造を、われわれは毅然きぜんたる志を持って見すえるべきではないかと、かように考える次第です。 ...
  • 「八重山」は日本海軍が初めて全面的に電気溶接を採用した艦であり、日本海軍造船史上特筆すべき艦である。 ...
  • 江戸期に表千家が果した役割として茶道史上特筆すべきは、6代覚々斎以降の、町方への普及である。 ...
  • 皇族・貴族や武将、商人たちが奉納した美術工芸品・武具類にも貴重なものが多く、中でも清盛が奉納した「平家納経」は、平家の栄華を天下に示すものとして豪華絢爛たる装飾が施されており、日本美術史上特筆すべき作品の一つとされる。 ...
  • また、のちの1935年3月に日本の採油史上特筆すべき大噴油を見ることとなる秋田県雄物川油田の開坑も、第一次大戦期の1916年に初めて行われた。 ...
  • 大鳥圭介が幕府開成所版に錺屋につくらせた鉛活字を用ひたことは、印刷史上特筆すべき功勞にちがひないが、私も某所でみた大鳥の「斯氏築城典刑」の實物は、字形が夫々異つてゐて彫刻に違ひないと思はれた。 ...
  • thumb|大阪会議開催の地にある大久保利通・木戸孝允・板垣退助・伊藤博文・井上馨のレリーフ 大阪会議は明治8年2月に明治政府の要人である大久保利通・木戸孝允・板垣退助らが大阪府に集い、今後の政府および参議衆就任等の案件について協議した明治憲政史上特筆すべき重大会議である。 ...