台頭

全て 名詞
4,202 の用例 (0.02 秒)
  • いずれも地方の金や企業をバックにして台頭してきた者ばかりである。 森村誠一『腐蝕の構造』より引用
  • 現在ではこのザンドラマスが第三勢力として台頭してきつつあるらしい。 エディングス『マロリオン物語03 マーゴスの王』より引用
  • だが、この時はすでにプロレタリア文学の台頭が準備されていた時期だ。 戸坂潤『日本の民衆と「日本的なるもの」』より引用
  • 韓国では、新興勢力の台頭と共にそれまでの体制を否定してしまいます。 西風隆介『神の系譜Ⅶ 竜の源 高句麗』より引用
  • そして同時にロシア皇帝ピョートル1世のもとでロシアが台頭していた。
  • そして左翼文学の台頭期にあって、日本文学の伝統に拠った人であった。 石川達三『心に残る人々』より引用
  • このときの対戦相手は、台頭しつつあったオタワ・セネターズであった。
  • フランスもイギリスに於てさえも唯物論研究は今日台頭しつつあるのである。 戸坂潤『現代日本の思想対立』より引用
  • これらは旧体制の支配下にあった新勢力が台頭しつつあることを示すこととなった。
  • それらの一般的な商品を低コストで生産できる国が輸出国として台頭した。
  • 会田安明が寛政の三奇人等と前後して台頭したのは意味あることである。 三上義夫『文化史上より見たる日本の数学』より引用
  • あの人がいなくなったとたん、ラヴェンナみたいなのが台頭してしまって。 荻原規子『西の善き魔女2 秘密の花園』より引用
  • しかしドイツ人商人の活動が中断される一方で一部の土地持ち商人が台頭した。
  • そこで連盟側から二シーズン制復活運動が猛然と台頭したのである。 戸坂潤『思想と風俗』より引用
  • 代わりに台頭してきたのが、防大出身者を中心とする戦後派の青年将校である。 森村誠一『黒い墜落機(ファントム)』より引用
  • また経済の発展による庶民の台頭は、学問の担い手を生むこととなった。
  • これらの用語が作られた当時はナチスが台頭し始めた時期である。
  • この頃、明治維新期の日本が台頭して李氏朝鮮の開国を要求し始めた。
  • 打線もブラックスが不調だったもの鈴木尚典の台頭等があり穴を埋めた。
  • 大戦の影響とその終了による日米戦の危機が台頭するという背後の状況によるものである。 豊田穣『海軍軍令部』より引用
  • 次へ »