台北

全て 名詞
2,135 の用例 (0.01 秒)
  • 景美は元景尾といい、日本統治時期の台北鉄道もここに景尾駅を設けた。
  • しかし台北北部にはケタガランの言葉に由来する地名が多く残っている。
  • 日本国政府は台北の政府を承認しておりませんが、政府と人民は別です。 開高健『ロマネ・コンティ・一九三五年 六つの短篇小説』より引用
  • 台北市内の、日本人などの外国人の多く住む高級住宅街天母で育った。
  • 台北市の衛星都市として開発が進み、台湾中南部からの移住者が多い。
  • 台北市市歌として普及したが、1945年の日本の敗戦と共に廃された。
  • F君とは空港で会うことができ、私たち三人は台北行きの機に乗った。 星新一『きまぐれ体験紀行』より引用
  • 類似した金融機関としては同じ直轄市である、台北市の台北銀行がある。
  • この時期の台北の発展は現代都市建築のための建築に代表される。
  • 台北では全ての車に導入されているのではないかという見解もある。
  • 鶯の大なるものは、台北から汽車で間もない鶯歌駅の近くの小山にある。 豊島与志雄『台湾の姿態』より引用
  • プロ野球シーズンには、台北市立天母棒球場行きの無料バスも接続する。
  • 普通法院に区分され略称は台北地院、また法曹界では北院とも称される。
  • 台北の検察局のかたは、私の立場へのご理解が少ないように思えます。 星新一『人民は弱し 官吏は強し』より引用
  • 東京ならばどこにでも自動販売機があるけれど、台北にはそんなものはない。 原田宗典『27』より引用
  • しかし台北の林資鏗の住居は恵州蜂起の指揮所として孫文に利用された。
  • その後台湾に戻った李瑞漢は台北市永楽町で弁護士事務所を開業している。
  • 遊覧の便はよく、公園の中心から台北までは乗用車で1時間余であった。
  • 幼少時、両親とともに台湾に渡り旧制台北高校から東京帝国大学に進む。
  • 建功神社は、日本統治時代の台湾台北州台北市南門町にあった神社である。
  • 次へ »