召使

全て 名詞
3,176 の用例 (0.02 秒)
  • 女達の言葉から察して、芳一はそれが高貴な家の召使である事を知った。 戸川明三『耳無芳一の話』より引用
  • あの家に昔からいる召使で、その子の世話をしについて来たのです。 フィルポッツ/井内雄四郎訳『闇からの声』より引用
  • 家の反対側のほうから、ちょうど召使が手紙を持って出てきました。 リルケ/星野慎一訳『マルテの手記』より引用
  • 場所が場所だけに、庭師か召使のほかは出入りする者もないように見える。 ベントリー/宇野利泰訳『トレント最後の事件』より引用
  • それは召使たちも同様に主人の所有物だと考えたからであった。 ロンドン/山本政喜訳『白い牙』より引用
  • 召使たちはみんな、高い塀に囲まれた菜園の奥の別棟で寝起きしていた。 モーパッサン/榊原晃三訳『モーパッサン怪奇傑作集』より引用
  • まず台所へ降りて行って、二人の召使をきちんとベッドに横たえてやった。 ドイル/永井淳訳『毒ガス帯』より引用
  • 召使や奴隷たちをあごで使うことになれている人の口調だからだ。 パール・バック/大久保康雄訳『大地(1部)』より引用
  • まさか僕の部屋の整理まで召使にさせてるとは考えないだろう? ワイルド/渡辺純訳『ドリアン・グレイの肖像』より引用
  • いくつにも仕切られた部屋の半分は、侍女、召使用であったと思われる。 松本清張『赤い氷河期』より引用
  • 家族や召使たちは、城のなかをあちこち探しまわったが、無駄だった。 桐生操『美しき殺人法100』より引用
  • 現に、小田家の召使は、主人が妻をった所を数回見たというのです。 浜尾四郎『彼が殺したか』より引用
  • 召使たちは石の中に穴が現われるのを見て、悲鳴をあげながら逃げていった。 P・J・ファーマー『地球の壁の裏に』より引用
  • こういった調子だから、召使だって、あまり多くは必要としなかった。 パール・バック/大久保康雄訳『大地(2部)』より引用
  • この神の召使の法悦境がどんなであったかを表現することはとても不可能です。 サド/大場正史訳『ソドムの百二十日』より引用
  • 「私もそうらしいと思いました、」と召使はすこしむっつりして言った。 スティーブンソン・ロバート・ルイス『ジーキル博士とハイド氏の怪事件』より引用
  • ついに、マーカムは召使に五人分のテーブルを用意するように命じた。 ダイン/瀬沼茂樹訳『カナリヤ殺人事件』より引用
  • 主人にこんなに忠勤をはげむ召使から、なにも期待することはできない。 ヴェルヌ/金子博訳『地底旅行』より引用
  • 召使ひ達は起きてゐたが、澄江はまだ起きてはゐないやうであつた。 坂口安吾『姦淫に寄す』より引用
  • クルトミュー家の召使がメディ叔母のところへ寄って来たところだった。 ガボリオ/松村喜雄訳『ルコック探偵(下)』より引用
  • 次へ »

召使 で始まる単語