召使頭

39 の用例 (0.00 秒)
  • 母親のところかと二階に上ろうとしたとき召使頭と出会い、彼は申しました。 オースティン/伊吹知勢訳『高慢と偏見(下)』より引用
  • しかし、彼はその召使頭の顔に大きな安堵の色が現われたのを見て不思議に思った。 スティーブンソン・ロバート・ルイス『ジーキル博士とハイド氏の怪事件』より引用
  • 召使頭は主人夫妻の前にコーヒーカップを置きながら思った。 井上ひさし『ブンとフン』より引用
  • この時までに召使頭が起き上がって、ちらちらしている灯火に油を注いだ。 ペトロニウス/岩崎良三訳『サテュリコン』より引用
  • 召使頭は私の着くのを待っていた。 スティーブンソン・ロバート・ルイス『ジーキル博士とハイド氏の怪事件』より引用
  • いくぶん薄暗い玄関に入ると、召使頭が皆がすでに昼食の席についている旨を告げた。 ワイルド/渡辺純訳『ドリアン・グレイの肖像』より引用
  • が、召使頭めしつかいがしらの顔にありありと安堵あんどの色がかんだのを見て、なるほどただごとでないなと思った。 スティーヴンスン『ジーキル博士とハイド氏』より引用
  • 彼は確かに、召使頭によって雇い入れられた者であった。 クリスティ/松本恵子訳『ザ・ビッグ4』より引用
  • わたしは召使頭がこわくて、ドアをそんな人に開かれたら、入口の階段で気絶きぜつしてしまうことでしょう。 ウェブスター/北川悌二訳『あしながおじさん』より引用
  • 私の役は召使頭で、割に出場でばは少ないのに、疲れることおびただしい。 芥川比呂志『決められた以外のせりふ』より引用
  • 面会人がある場合は、小広間で二十分のみ、召使頭のチャードが監視するもとでしか許されなかった。 山藍紫姫子『アレキサンドライト』より引用
  • 着替えを終えているシュリルに対して、召使頭は、いつもの、きっばりとした口調で言った。 山藍紫姫子『アレキサンドライト』より引用
  • ドアにノックが聞こえ、召使頭が茶道具をのせたぼんを運んで来て、それを小さな日本式のテーブルに置いた。 ワイルド/渡辺純訳『ドリアン・グレイの肖像』より引用
  • もったいぶった召使頭めしつかいがしらは、顔見知りなので、喜んでかれを迎えた。 スティーヴンスン『ジーキル博士とハイド氏』より引用
  • 「女か、それとも地獄へ堕ちた亡者みたいに泣いておりました、」と召使頭が言った。 スティーブンソン・ロバート・ルイス『ジーキル博士とハイド氏の怪事件』より引用
  • おじさんのところには召使がしらがいますか? ウェブスター/北川悌二訳『あしながおじさん』より引用
  • そこへ、召使頭がしらが食後のコーヒーを運んできた。 井上ひさし『ブンとフン』より引用
  • しかつめらしい召使頭が彼を見知っていて、喜んで迎えた。 スティーブンソン・ロバート・ルイス『ジーキル博士とハイド氏の怪事件』より引用
  • しかし召使頭のはるかうしろにローザが控えている。 ディケンズ/青木雄造・小池滋訳『荒涼館(1)』より引用
  • 「女か、地獄じごくちた亡者もうじゃみたいに、泣いていましたんで、はい」と召使頭めしつかいがしらは言うのだ。 スティーヴンスン『ジーキル博士とハイド氏』より引用
  • 次へ »