召使部屋

15 の用例 (0.00 秒)
  • 召使部屋へ追われて食事するのは嫌だし、貴人の食卓などどうでもよかった。 ルソー/桑原武夫訳『告白(下)』より引用
  • さらにまた、居間と食堂のドアの奥まったところに、階段と召使部屋があった。 クロフツ/田村隆一訳『樽』より引用
  • 彼女の夫は邸の召使部屋にいて、クリスマス・イヴを祝っているらしかった。 アーヴィング/吉田甲子太郎訳『スケッチブック』より引用
  • 立琴ひきの老人が召使部屋から呼んでこられた。 アーヴィング/吉田甲子太郎訳『スケッチブック』より引用
  • よく大きなお邸なんかで言うでしょう、なんでも噂が聞きたけりゃ召使部屋で訊くのが一番だって? ナポレオン・ソロ・シリーズ『07 放射能キャラバン追跡』より引用
  • ま、うちの店はその召使部屋にあたるわけです。 ナポレオン・ソロ・シリーズ『07 放射能キャラバン追跡』より引用
  • これにつけても思いだされるのは、わたしを召使部屋へ追いやって食事させたブザンヴァル夫人のことだ。 ルソー/桑原武夫訳『告白(下)』より引用
  • 夫は恐らく、お邸へ行つてクリスマス・イーヴを召使部屋で祝つてゐるのであらう。 高垣松雄『クリスマス・イーヴ』より引用
  • そのほか、台所と召使部屋のついた石造りの小屋だの、私の護衛係の住居だの、ウマ小屋だのも建てることを忘れなかった。 シュリーマン/立川洋三訳『先史時代への情熱』より引用
  • たとえば、一本の廊下によって婦人部屋11がそれとつながっているうえ、召使部屋や、管理事務所のようなものもそれに付随しているというぐあいである。 シュリーマン/立川洋三訳『先史時代への情熱』より引用
  • ブレースブリッジの言では、これは召使部屋から聞こえてくるのにちがいなく、クリスマスの十二日間は、主人が大騒ぎを許し、むしろ奨励さえもしているのだ。 アーヴィング/吉田甲子太郎訳『スケッチブック』より引用
  • 召使部屋、納屋なや、倉などの建物が、見るからに古びて、庭にごちゃごちゃと立っており、そのそばに右と左にほかの庭へ通じる門が見えた。 ゴーゴリ/工藤精一郎訳『死せる魂』より引用
  • 晩食のお蔭で誰も彼も陽氣になつてゐた、で、老竪琴師が召使部屋から呼びだされて來た、彼は一晩中そこで絃をぶるんぶるん鳴し續けてゐたのであつた。 高垣松雄『クリスマス・イーヴ』より引用
  • それは建物の一方の端からであつたが、ブレイスブリッジの言葉によると、確に召使部屋から聞えてくるのであつて、この部屋では思ふ存分に歡を盡すことが許される、いな御主人から獎勵される位で、クリスマスの十二日間ぶつ續けだつたが、ただ何事も昔の慣例に從はねばならなかつた。 高垣松雄『クリスマス・イーヴ』より引用
  • それともただなんとなく、あの召使部屋の、暖炉のそばの、皮衣をしいたあたたかい場所と、町できのやわらかいピローグや野菜汁シチーに別れを告げて、あすはまた雨や、泥濘でいねいの道や、その他いろんな不自由が待つ旅の空へ出なければならぬのが、のこり惜しかったのか? ゴーゴリ/工藤精一郎訳『死せる魂』より引用