召使達

29 の用例 (0.00 秒)
  • 彼女は、子供達と召使達だけになるのがいやだったのである。 チェーホフ/中村白葉訳『チェーホフ短編集「無名氏の話」』より引用
  • 正月の雜煮を當代の主人も今の召使達と一つ大釜から盛つて据えられた。 岡本かの子『雑煮』より引用
  • もう随分遅かったのに、食堂では男女の召使達がお茶を飲んでいた。 チェーホフ/中村白葉訳『チェーホフ短編集「無名氏の話」』より引用
  • 召使達や、近所の人達や、気ちがいのようになった夫人達が駆けつけてきた。 モーパッサン/新庄嘉章『ある女の告白』より引用
  • 私は、捕虜達を見るために、召使達に伴われて真っ先に移動した。 カヴァン『氷』より引用
  • おしまひには、自分の使つてゐる洗面器までも、詰め込んで召使達を笑はせた。 菊池寛『真珠夫人』より引用
  • が、しかし英語には実によく熟達していた、現代の貴族に使われる一粒えりの召使達が多くそうであるように。 直木三十五『サレーダイン公爵の罪業』より引用
  • お召使達が御挨拶を 申し上げるかわりに、御殿の中で、どんなおいやな事が おありになったのでしょう。 森鴎外『ファウスト』より引用
  • わざと召使達を退けて、夫人自身で紅茶を入れたり、お菓子を取ってくれたりしました。 大倉燁子『機密の魅惑』より引用
  • 扉がしまると共に、生物と変じたそれ等の召使達の中に、この小男をひとり残しておくのは何んとなくおそろしいような気がするのであった。 直木三十五『見えざる人』より引用
  • 二つの頭蓋骨を並べた時、召使達は、一寸ロマンティックな説明を見付けた。 中島敦『光と風と夢』より引用
  • 召使達が、裏山のやぶの中で骸骨を見付けたと言って騒ぐので、みんなを連れて行って見る。 中島敦『光と風と夢』より引用
  • その結果、残されたほかの召使達は、何も知らされぬまま、帰らぬ女主人を延々と待つハメになってしまうのだ。 大塚ひかり『源氏の男はみんなサイテー ―親子小説としての源氏物語』より引用
  • 召使達は、陛下が土焼の瓶に一杯水を入れて、大切そうに持っておいでになるのを見た時、さっぱりわけが分らなかったことだろうと思います。 三宅幾三郎『ワンダ・ブック——少年・少女のために——』より引用
  • 故人が、生前、家族や召使達の為に作った祈祷きとうの一つが、そのまま、唱えられた。 中島敦『光と風と夢』より引用
  • 召使達は徐和の死体をその生前の室に運び、泥を拭き清め、血を拭き清めました。 豊島与志雄『碑文』より引用
  • 召使達が控室へ出て来た。 プーシキン/中村白葉訳『大尉の娘』より引用
  • コンプソン家の家族については長く詳細に語り、全知の観点から書かれているのに対し、召使達についてはシンプルで簡潔である。
  • また、王族の人々が全員外出中のときでさえ、城ではたっぷりと食事を用意するのが習わしで、結局豪華な食事は召使達の胃袋に消えることとなった。
  • セエラは宮様プリンセスである以上、礼儀深くなければいけないと思いましたので、ミンチン先生はもとより、召使達が彼女にどんなひどい事をした時も、決して取り乱した様子などしませんでした。 バーネット・フランシス・ホジソン・エリザ『小公女』より引用
  • 次へ »