召使女

11 の用例 (0.00 秒)
  • この三人の召使女のうちの一人は、道楽者が連れて来た多くの家畜の世話をする役をも兼ねていた。 サド/澁澤龍彦訳『ソドム百二十日』より引用
  • 年をとった一人の召使女が、せんかたなく世話をやいている。 ランボー/金子光晴訳『イリュミナシオン』より引用
  • あとはもう四人の召使女を選ぶことだけだった。 サド/澁澤龍彦訳『ソドム百二十日』より引用
  • 体の大きな働きものの召使女と、人からは気の弱い半人前と云われる男との殆ど神秘的なほどの恋を書いたもの。 宮本百合子『日記』より引用
  • 武家時代に賤しい身分の召使女をハシタモノまたは単にハシタと呼んだ場合が多い。 喜田貞吉『間人考』より引用
  • だから四人が四人とも、召使女の選択については同意見だったとしてもふしぎはなく、こういう選択の態度こそ、いずれ読者諸子もお分かりになるように、この仲間たちのあいだの堕落と腐敗をはっきり示すものだったのである。 サド/澁澤龍彦訳『ソドム百二十日』より引用
  • 昨夜、なにがあったのかまでは判らないものの、好奇心を抱いている召使女たちが、寝台にいるシュリルの前に小卓を置き、朝食を並べてゆく。 山藍紫姫子『アレキサンドライト』より引用
  • すなわち、四人の語り手と、八人の若い娘と、八人の少年と、能動受動の栽尾のための、巨大な一物を具備した八人の男と、それから四人の召使女とである。 サド/澁澤龍彦訳『ソドム百二十日』より引用
  • 彼女がこうして棺におさめられた王龍の遺骸のそばにつき添っていると、ある日、召使女が戸口へきて、王龍の第二夫人の蓮華リエンホワが亡くなった旦那さまの霊前に礼拝にきたいということづけを伝えた。 パール・バック/大久保康雄訳『大地(2部)』より引用
  • 哀れな跡取り娘は、彼女にとって全世界であるこの冷え冷えとした薄暗い家の中で、こうして年とった召使女を相手に涙を流しているあいだに、ナントからオルレアンにかけては、グランデ嬢の千七百万フランのうわさでもちきりだった。 バルザック/山口年臣訳『ウジェニー・グランデ』より引用
  • 要するにハシタとは中間なる人すなわちハシヒトの義で、それが下級のものの名称として用いられ、たまたまそれを音読したチュウゲンの語の男性的なるに対して、ハシタなる和訓の女性的なるが為に、下司女げすおんなすなわち召使女の称呼となったものであるに相違ない。 喜田貞吉『間人考』より引用