召使共

5 の用例 (0.00 秒)
  • 信長はこれらの女房衆に付慕っていた召使共までしおきした。 海音寺潮五郎『新太閤記(三)』より引用
  • 召使共も、お前は別として、誰もこの屋敷に夜をすごしてはならぬ。 リラダン『殘酷物語』より引用
  • 小さい子供等と、無知な召使共と、それ等は、主婦としての彼女の権威で、自由に左右し得る者達ではあるまいか。 宮本百合子『渋谷家の始祖』より引用
  • 近頃、召使共が少々怠けるのでタロロの通訳で彼等に小言こごとを言った。 中島敦『光と風と夢』より引用
  • 敢へて親戚の者に逆らひ、召使共には常に気難きむづかしき面持もて対せられよ、儀式張りたる事柄を絶えず声高に喚き散らし、また並の者とは異れる非凡の人と見做みなさるる様、心掛けられたし。 シェイクスピア/福田恆存訳『十二夜』より引用