召使ロボット

15 の用例 (0.00 秒)
  • ガランとした町を歩いていると、一方の召使めしつかいロボットが、ふと妙なものをひろった。 小松左京『SF日本むかし話全セット』より引用
  • やっと、口がきけるようになった、のろまのロボットから話をきいた三人は、召使ロボットに対して、ひどく腹をたてた。 小松左京『SF日本むかし話全セット』より引用
  • と召使ロボットは悲鳴をあげた。 小松左京『SF日本むかし話全セット』より引用
  • 召使ロボットは、油のおかげですっかりからだが軽くなって、ピョンピョンとびながら、自分が住んでいるロボット倉庫に帰ってきた。 小松左京『SF日本むかし話全セット』より引用
  • 召使ロボットは、からっぽになったタンクをもちあげると、叫んだ。 小松左京『SF日本むかし話全セット』より引用
  • 工業用ロボットより、ずっと身の軽い召使ロボットは、太い塔のような工場の外がわをヒョイヒョイとのぼると、丸い大きなかたまりのひとつをもぎとった。 小松左京『SF日本むかし話全セット』より引用
  • ひったくるようにプラスチックのかたまりをとると、召使ロボットは、自分の腹のふたをあけて、アッというまにそいつをほうりこんだ。 小松左京『SF日本むかし話全セット』より引用
  • 召使ロボットは、からだをギイギイいわせてよろこんだ。 小松左京『SF日本むかし話全セット』より引用
  • と召使ロボットはつぶやいた。 小松左京『SF日本むかし話全セット』より引用
  • と召使ロボットはいった。 小松左京『SF日本むかし話全セット』より引用
  • と召使ロボットは思った。 小松左京『SF日本むかし話全セット』より引用
  • 物かげにかくれていた溶接ロボットが、はげしい溶接用の電気火花をちらして、召使ロボットの電子眼でんしがんをくらませたのだ。 小松左京『SF日本むかし話全セット』より引用
  • そこへ、召使ロボットが、またヒョコヒョコやってきた。 小松左京『SF日本むかし話全セット』より引用
  • と、召使ロボットはいった。 小松左京『SF日本むかし話全セット』より引用
  • と、召使ロボットは笑った。 小松左京『SF日本むかし話全セット』より引用