召使の男

10 の用例 (0.00 秒)
  • 召使の男たちも四五人私たちの周りに立つて口を插んだ。 野上豊一郎『湖水めぐり』より引用
  • 執事兼召使の男と、二人きりで住んでいたらしいですな。 カー/平井圭一訳『黒死荘殺人事件』より引用
  • もしも何人なんぴとか彼を見た者があるとすれば、それは馬丁ばていとも次男ともつかない孤独の召使の男である。 直木三十五『作男・ゴーの名誉』より引用
  • そこで正賓は召使の男をって、雲林を取返して来いといい付けた。 幸田露伴『骨董』より引用
  • そこで正賓は召使の男を遣つて、雲林を取返して来いと云付けた。 幸田露伴『骨董』より引用
  • 召使の男の足もとへ、彼女はしかしそう詫びて叮嚀ていねいであった。 吉川英治『源頼朝(一)』より引用
  • 厨房キッチンに用事のあるふりをして階下ダウンステアーズに降りていき、今朝ウィリアムさまにお給仕をしたのは誰だったのだろうか、と、ひとりごとのようにつぶやいて見せると、召使サーヴァントの男たちや女たちは困ったように顔を見合わせた。 久美沙織『小説 エマ 2』より引用
  • と、先刻さつきから、召使の男や女がさがしていた。 吉川英治『新書太閤記(一)』より引用
  • アムステルダムの織物商組合の五人の評議員が、ペルシア風の緋のテイブルクロスで蔽われた一つのテイブルの上に書類を置いて商議していると、後の羽目板に倚つかかるようにして一人の召使の男が無帽で立っている。 野上豊一郎『レンブラントの国』より引用
  • 「御後室さまは、イヌを御覧になるや否や、締め殺してしまえとおっしゃいました」召使の男は躊躇した。 ストレイチー・リットン『エリザベスとエセックス』より引用