召使の数

5 の用例 (0.00 秒)
  • 彼女に仕える召使の数は四十人でなければならず、またそれに相当する数の馬も必要であった。 スタンダール/宗左近訳『カストロの尼』より引用
  • 黒棚くろだなすだれも新たになり、召使めしつかいの数もえたのだった。 芥川龍之介『トロッコ・一塊の土』より引用
  • わたくしもナースィルッ・ディーンという商人の家に泊ったが、その家では毎晩、二十人ほどの商人たちを食事に招いていたうえに、奴隷や召使の数は、客人の数よりも多かった。 バットゥータ/前嶋信次訳『三大陸周遊記』より引用
  • 彼はその正直、重々しく鄭重な態度、慎しみある言葉、富、奴隷と召使の数のために、全市場スークのひとびとから尊敬されていました。 佐藤正彰訳『千一夜物語 04』より引用
  • 召使の数の少ない場合はまだしも、わたしの行く家には大勢いて、それがそろいもそろってひどく横柄、ひどく悪がしこく、ひどくすばしこい、つまり、彼らの利益になることなら、という意味だが。 ルソー/桑原武夫訳『告白(下)』より引用